もう連続ジャンプニーは全面禁止でいいと思う

こんにちは、やまぴーです。

今日はイントラさんでも言いづらいグループファイトの暗黒面がテーマです。

そう、「連続ジャンプニー問題」を語ります!

先に言うけど今回の記事はちょっとエグいよ。

※この記事はグループファイトの「連続ジャンプニー問題」についての記事ですが、ボディコンバットやファイドゥのような格闘技プログラムでも似たような問題はあると思います。特定レッスンではなく「スタジオレッスンにおける迷惑行為」全般に広く共通する問題として読んでいただけると幸いです。

連続ジャンプニーについて

ジャンプニーとは

連続ジャンプニーの前に、まずは改めてジャンプニーについての説明。ジャンプニーとは要するに飛びヒザ蹴りのことです。両手を小脇に抱え、両足で「卍」っぽいポーズを作ってジャンプします。

ジャンプニー

うーん!カッコいい!

見た目も運動強度もド派手、このポーズで跳び上がることさえ難しいです。
このポーズを高く&綺麗にできる人はグループファイト上級者でしょう。
バスケにおけるダンクシュート、サッカーにおけるオーバーヘッドキックみたいなもんでしょうか。
間違いなくグループファイトにおける花形的な存在です。

グループファイトでのイベント記念に行う「みんなでジャンプニー」撮影は、ディズニーランドへ行ったガールズの「みんなでジャンプ」ぐらいポピュラーな撮影です。

ディズニーランドジャンプ

連続ジャンプニーとは

では連続ジャンプニーとは何か?それは連続でジャンプニーを行うことです。

はい、そのまんまです。
それ以上でもそれ以下でもありません。

ただし、覚えておいてほしいのですが、グループファイトのコリオ(振付)のなかに連続ジャンプニーは存在しません。
ハードオプションと呼ばれる本来のコリオより負荷の高い動きの中にも、連続ジャンプニーはありません。

なぜなら連続ジャンプニーは危険だからです。

膝のケガ

運動強度が高すぎるため足腰に負荷がかかり、人によってはケガをする恐れがあります。
ためしに軽く連続でジャンプニーをやってみてください。足腰への負担がどれだけ大きいかわかるはずです。万人向けのスタジオレッスンで使うにはふさわしくない動きなのです。

「MOSSAに連続ジャンプニーは存在しないし、推奨もしていない」
まず、この事実を知ってください。

しかし、禁止されるとやりたくなるのが人間というもの。
しかも「キツすぎる」とか「危険」とか聞くと逆に「俺はできるぜ!」と、実践するヤンチャな輩が出てきます。ファイトのクラスで前列にいるスタジオの中心的存在(自称)は特にその傾向が強いようです。

こうして「MOSSAからは推奨されていないのにマニアからは好んで使われる」動きとして、連続ジャンプニーは現在も存続しています。

連続ジャンプニーの問題点

身体を壊す危険のある連続ジャンプニーですが、やりたい奴が勝手にやるなら問題ないのでは?とも思えます。たしかに本人がどうなろうとそれは自己責任。我々が知ったこっちゃありません。
しかし、連続ジャンプニーは周りの人にも迷惑が及ぶ行為なのです。以下、主なものを挙げます。

視界の邪魔

インストラクターを姿を遮るかのように目の前でピョコピョコ跳ねられるとマジで邪魔です。お前らイントラにモザイクでもかけたいんかい。イントラの目の前でなくても、目に入るところで跳ねられると気が散ります。
しかもこちらのウザ見を「俺のジャンプニーが見られてる!」と勘違いしているフシがあり、さらに張りきりだすから始末に負えません。
てか、なんでアイツらは前列に来たがるんだよ。毎回出てもないレッスンでいきなり前列に陣取って、周りを無視して飛び跳ねる神経が理解できねえよ。

コリオの邪魔

グループファイトに慣れていない人は、前の人間が連続ジャンプニーをはじめると釣られて飛んでしまいます。初心者のため連続ジャンプニーが間違ったコリオであることがわからないのです。

連続ジャンプニーを真似したせいで、その人が怪我したらどうするつもりなんだろうね。本人は自己責任で済むけどさ。最悪イントラのせいになるぞ。

ジャンプに釣られなくても、ビックリして動きが止まってしまう人もいます。そういう人がレッスン終了後に「飛び跳ねるのを止めさせてくれ」とイントラにクレームをしていることを、当事者たちは知っているのでしょうか。

インストラクターの邪魔

なにより一番困るのはインストラクターです。コリオと違う動きを意図的に延々とやってるわけですから、本来ならば注意しないといけません。とはいえ、お客様への注意はけっこう難しいもの。返り討ちにお客様カードでリベンジされる危険もあります。

注意はしづらいわ他の会員からクレームはくるわ、イントラにとってはいい迷惑です。はっきり言いますが、連続ジャンプニーされて嬉しいイントラはひとりもいません。

しかし、当の本人たちは注意されないことを「連続ジャンプニーOK」と受け取り、さらにピョコピョコ飛び跳ねるワケです。いやいや、周りがどんな顔してるかちゃんと見ようぜ。空気読もうぜ。

要するに邪魔

ハッキリ言えば連続ジャンプニーそのものより、跳ねてるやつらの「俺ってスゲエだろ」オーラがウザいんです。

なんの根拠があってそこまで勝手なことやってドヤってるんでしょうか。特別会費でも払ってるんでしょうか。インストラクターより自分等のほうが上手いと思ってるフシさえあります。そこまで勘違いできたらにもはや幸せだよ。

スタジオには前列の後ろにもレッスンを受けている会員がいるんです。もうちょっと皆が楽しめる雰囲気を作ってくれませんかね。スタジオの中心的存在なんでしょ?

てかコッチは身体を動かしに来てんだよ。同じ会員の動きを見に来てるワケじゃねえから。そんで、間違っても会員の動きに見とれることはねえから。そんで、オナニーは人前でするもんじゃねえから。

連続ジャンプニーをするための提案

跳ねてる本人は満足ですが、周りの被害は尋常ではない連続ジャンプニー。例えるなら、「本人がタバコで肺がんになるのは勝手だが、副流煙をこっちに流すな」といったところです。
もはや全面禁止でいいんじゃね?と思いますが、どうしても連続ジャンプニーがしたい奴向けに折衷案を考えてみました。

重りをつける

運動負荷を上げたいなら、孫悟空の道着みたいに重りをつけてファイトすればいいです。負荷はかかるけどジャンプニーは少ししか上がりません。周りにも迷惑がかかりません。
さらに、「あいつ小刻みにケイレンしてるぞ?」と大好きな注目を浴びることもできます。

一番後ろでやる

最前列でピョンピョン跳ねるから目立つのです。スタジオの隅で跳ねれば、現状よりは目立たないはずです。イントラの動きの邪魔にもなりません。
一番無難な折衷案ですが、連続ジャンプニーは自己顕示欲とセットで登場することが多いため、採用されることはまずありません。

スタジオ外でやる

「俺の華麗なジャンプニーをみんな見せつけたい!」ならば、駅前でラジカセでも流しながら跳ねたらどうでしょうか。ご自慢のジャンプニーにみんな足を止めて見てくれるはずです。
YouTubeにアップするのもいいですね。再生回数が楽しみだ。

懇願する

「スタジオのみなさん!僕はどうしても連続ジャンプニーがしたいんです!ダメだと言われてもしたいんです!マーシーの盗撮と一緒です!だからお願いです!跳ばせてください!もちろん最前列で!」
と、レッスン前に土下座すればOKが出るかもよ。少なくとも笑いは取れるよ。

おわりに

今回の記事を読んで、何も知らずに連続ジャンプニー(以下、連ジャニ)をやっていた人は、さぞかし青ざめていることでしょう。
でも安心してください!今から止めれば全然問題ありません。

ぶっちゃけ、やまぴーも昔は連ジャニしてましたから。
でも、運よくジム友から「イントラに嫌われる技」と教えてもらい止めることができました。あのまま続けていたらどうなっていたか。考えるだけで恐ろしいです。

問題は、上記のような事実を知りつつも「俺の連ジャニはクリーンだから」と訳のわからない理論で連ジャニを止めない輩です。
いやいや、マジでそれクリーンじゃないから。みんな煙たがってるから。てかそれ以前に人の場所を取んな。

そんな跳ねたいんなら仲間集めて内輪でイベントでもやってください。
そんときは逆に俺がお邪魔しますから。

最後になりますが、やまぴーはスタジオレッスンでは下のふたつが基本だと思ってます。

・スタジオレッスンはみんなで楽しむもの
・スタジオレッスンの主役はインストラクター

これからもみんなで楽しく”LET’S MOVE!”していきましょう!

◆MOSSAプログラムの使用曲・ポイントまとめ
グループファイト/キック[GROUP FIGHT/KICK]
グループパワー[GROUP POWER]
グループセンタジー[GROUP CENTERGY]
グループブラスト/ステップ[GROUP BLAST/STEP]
グループグルーヴ[GROUP GROOVE]
グループアクティブ[GROUP ACTIVE]
グループコア[GROUP CORE]
グループライド[GROUP RIDE]
R30[R30]
バイパーワークアウト[ViPR WORKOUT]

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク