グループセンタジーJAN20各曲のポイントと感想 [GROUP CENTERGY JAN20]

グループセンタジーJAN20ポイントと感想

 

このページでは、やまぴーがグループセンタジーJAN20を体験した感想やポイントをまとめます。
随時更新していきますのでご期待ください。まずは簡単に初回の感想です。

 

MOSSAプログラムJAN20まとめ↓

MOSSAグループ系プログラムJAN20シーズン使用曲・予告動画まとめ
こんにちは、やまぴーです。 2020年2月末よりはじまるMOSSAグループ系プログラムJAN20のリリース。 お気に入りプログラムの使用曲と予告動画をチェックしましょう。 グループファイトJAN20 グループファ...

 

スポンサーリンク

グループセンタジーJAN20使用曲リスト

Group Centergy JAN20 Trailer

Group Centergy JAN20 Trailer

グループセンタジーJAN20予告動画紹介

 

GROUP CENTERGY JAN20 SONG LIST
01.[FOCUS] Fight On, Fighter / for KING & COUNTRY
02.[SALUTATIONS] Giant / Calvin Harris & Rag’n’Bone Man
03.[CHALLENGE] River / Bishop Briggs
04.[BALANCE] Fathers and Daughters (Never Say Goodbye) / Boyce Avenue
05.[CORE BACK] Hide The Wine / Carly Pearce
06.[CORE FRONT] Papa’s Got A Brand New Bag / James Brown
07.[HIPS] Hand To Hold / JJ Heller
08.[SPIRALS] Arms Open / The Script
09.[FOLDS] Sorry Seems To Be The Hardest Word / Diana Krall
10.[RESTORE] Opaque White / Aux Frontiers
11.[BONUS CHALLENGE] The Champion / Carrie Underwood feat. Ludacris
12.[BONUS CORE BACK] Youngblood / 5 Seconds of Summer
13.[ALT SALUTATIONS] You Are Free / Jimmy Eat World

グループセンタジーJAN20使用曲・動画・コリオリスト

 

グループセンタジーJAN20のポイントと感想

MOSSAプログラムの中でも一番シンプルなシーズンといわれるJAN。
今回のJAN20も動きはかなりオーソドックスで、今までグループセンタジーに参加した人なら戸惑うことはないはず。もちろん、初心者の人にも始めやすいです。

始めやすいとはいえ、強度はそこそこあります。やまぴーの鬼門である3曲目から6曲目の強度もなかなかです。特に6曲目のコアフロントがエグいです。甘く見た初心者が返り討ちに会うこと間違いナシ。

JAN20では腕を上げるとき、バンザイのように手のひらを正面に向けることが多いです。肩と肩甲骨まわりの刺激がいつもと違います。

なおマットの向きは全曲通してタテ向きです。こういうシンプルさも初心者にはうれしいですね。
ただし、足を横に出す動きはあります。レッスン開始前に隣の人と前に並ぶとよいでしょう。

以下、各曲のポイントと感想です。

 

01.[FOCUS]について

01.[FOCUS] Fight On, Fighter / for KING & COUNTRY

JAN20の特調であるバンザイランジがいきなり登場します。スピードは速くないので、身体への刺激を確認する良いチャンスです。

 

その他はフォーカスらしいコリオの数々。体側を伸ばすラテラルリーンや片足を横に出すサイドランジ、腰を落としたインテンスポーズなどなど。

インテンスポーズ

ちょっと変わった動きとしては、片腕を後ろへグルリと一周させる動きが登場。視線は動く指先を追いかけるのがポイントらしいです。

 

02.[SALUTATIONS]について

02.[SALUTATIONS] Giant / Calvin Harris & Rag’n’Bone Man

いつものようにフォワードフォールドからアッパーロータス、ダウンドッグまでいったら、片足を上げてスリーレッグドッグ。

スリーレッグドッグ

 

そして上げた足を前についてすばやくウォーリア2に移行します。

戦士のポーズ2

 

そしてまたスリーレッグドッグに戻ります。さらにウォーリア…と見せかけて、今度はクレッシェンドランジです。そして後ろ足を前足に揃えてマウンテンポーズに戻ります。

そこからまたフォワード…と見せかけて2周目にはいかず、片足のカカトを浮かせた状態でダイナミックインテンスポーズ。

なかなか息の弾むサルテーションです。

 

03.[CHALLENGE]について

03.[CHALLENGE] River / Bishop Briggs

チャレンジの定番であるウォーリア2はもちろん登場。そこから同じく定番であるエクステンドアングルとサンウォーリアに。

サンウォーリア

ここから一度ウォーリア2に戻り、前足のつま先とカカトを動かして足幅を一足分開きます。そして両手を回旋させて上にあげてウォーリア1。ここはバンザイではありません。

戦士のポーズ1

ここからがJAN20のポイントです。腰を落としたまま後ろ足を前足と揃えて、また後ろへ戻します。そして深めのランジを一回。これを連続で行います。

後ろ足を移動するときの腰の落とし具合で負荷が上がります。さらにチャレンジしたい人は、後ろ足で前タッチするときに、つま先ではなく足裏全体でタッチしてみましょう。

相変わらずキツですが、できないほどの強度ではないです。

 

04.[BALANCE]について

04.[BALANCE] Fathers and Daughters (Never Say Goodbye) / Boyce Avenue

片足時間が長めでなかなかの負荷です。ストレッチマットではまず無理でしょう。

フォワードフォールドから前屈してクレッシェンドランジに移行。そこから足を絡めてイーグルレッグです。JAN20では両手は合唱。

イーグルポーズ

そのまま絡めた足を後ろへ下げて、定番のウォーリア3。

戦士のポーズ3

後ろ足を戻してパラレルツリー。そこからさらに上げた足を片手を横に出してスターポーズです。結構片足の時間が長くてツラいです。

そしてゆっくり両足を戻し、そのままの慣性で体側のばしのラテラルリーン。ここの流れは結構好き。

そしてお決まりのインテンスポーズwithカカト浮かしで1セット終了です。

 

05.[CORE BACK]について

05.[CORE BACK] Hide The Wine / Carly Pearce

四つ這いのテーブルトップから対側の片手片足を上げるコリオが登場。ちょっと変わっているのは、腕を前ではなく横に伸ばします。足は普通に後ろです。手も足も高く上げる必要はなく、「上げる」より「伸ばす」ことに意識するのがポイント。

テーブルトップ

うつ伏せのアッパーロータスの状態からも同じ動きがあります。定番の上体浮かせたお尻タッチもあります。

またJAN20ではワイドプランクホバーというコリオが登場。

足幅広めで両ヒジをついたホバーの状態から、片手ずつ外側にタッチ。そして足を右足・左足の順で閉じて開きます。
ホバーに慣れない、とどんどんお尻が上がっていく強度の高いコリオです。

最後は「もう許してください」と言わんばかりにチャイルドポーズで終了です。

チャイルドポーズ

 

06.[CORE FRONT]について

06.[CORE FRONT] Papa’s Got A Brand New Bag / James Brown

先に言っときますがキツいです。繰り返しますがマジでキツいです。

はじめは軽くカール(シャレじゃないよ)からスタート。次に早くも身体をツイストさせるバイシクルが登場します。

バイシクル

 

バイシクル早くない?と思ってたら、お次はシザースです。

ここだけでもうお腹いっぱいです。JANだというのに容赦ナシ。
小休止なのか追い込みなのかわからないプラティスロールアップも登場します。

そしてラストは複合技。カールで上体を上げてから、シザースで足チェンジして上体を下ろす、を繰り返します。さらに途中からシザースのときに両手を下へ。柔道で受け身を取るみたいな手の動きです。でも床にバンとはしません。

なかなかの腹筋地獄です。ジェームス・ブラウンの声がトラウマになりそうです。

 

07.[HIPS]について

07.[HIPS] Hand To Hold / JJ Heller

ここからは毎シーズンどおり、ちょっと落ち着きます。

まずはダウンドッグでスタート。そこからすぐにスワンポーズです。

スワンポーズ

このスワンからすぐに後ろ足を前に回して、足首を反対の足のヒザに乗せるアンクルニーに移行します。

アンクルニー

 

そしてアンクルニーのまま、対角側の手で足の裏をつかんで上体を横にラテラルリーンです。

ローランジとクレッシェンドランジも登場します。

 

08.[SPIRALS]について

08.[SPIRALS] Arms Open / The Script

スタートは先ほどのヒップスと同じく、ダウンドッグからのスワンです。そして後ろ足を前に回して、ここではツイスト。

ツイスト

上体を逆に向けるカウンターもあります。

そして来た道を戻るようにスワンからダウンドッグへ。おそらくですが、スワンポーズで足を後ろに回すときは両手を床につかないっぽいです。

ダウンドッグからのワイドランジ、そこから定番のローテーションもあります。

ローランジローテーション

 

09.[FOLDS]について

09.[FOLDS] Sorry Seems To Be The Hardest Word / Diana Krall

まずは片ヒザを抱えて仰向けに。余裕がある人(つまり全員)は。曲げたヒザを伸ばします。
そこからヒザを絡めてイーグルレッグにして、下半身をツイストします。顔はツイスト方向と逆向きです。

ツイスト

そして前屈祭り。座禅ポーズで前屈、開脚でも前屈です。

開脚前屈

開脚でのラテラルリーンも登場。

最後は座禅して合掌です。

 

※追加情報は随時更新していきます。

 

 

その他のMOSSAリンク

MOSSAプログラムJAN20まとめ↓

MOSSAグループ系プログラムJAN20シーズン使用曲・予告動画まとめ
こんにちは、やまぴーです。 2020年2月末よりはじまるMOSSAグループ系プログラムJAN20のリリース。 お気に入りプログラムの使用曲と予告動画をチェックしましょう。 グループファイトJAN20 グループファ...

 

◆JAN20ポイントと感想
グループファイトJAN20
グループパワーJAN20
グループセンタジーJAN20
グループブラストJAN20
グループグルーヴJAN20

 

◆JAN20使用曲・動画・コリオリスト
グループファイトJAN20
グループパワーJAN20
グループセンタジーJAN20
グループブラストJAN20
グループグルーヴJAN20
グループアクティブJAN20
グループコアJAN20
グループライドJAN20
R30 JAN20
3D30 & MOVE30 JAN20

 

◆JAN20予告動画紹介
グループファイトJAN20
グループパワーJAN20
グループセンタジーJAN20
グループブラストJAN20
グループグルーヴJAN20

 

MOSSAプログラム全体リンク↓

MOSSAプログラム
各MOSSAプログラムの使用曲リスト、レッスン体験記事へのリンク集です。 シーズン別MOSSAリンク JAN20 APR20 JUL20 OCT20 JAN19 APR19 JUL19 OCT19 JAN18 APR18...

 

◆MOSSA使用曲・コリオ情報リンク集
グループファイト使用曲・コリオ・ポイント
グループパワー使用曲・コリオ・ポイント
グループセンタジー使用曲・コリオ・ポイント
グループブラスト使用曲・コリオ・ポイント
グループグルーヴ使用曲・コリオ・ポイント
グループアクティブ使用曲
グループコア使用曲
グループライド使用曲
R30使用曲
3D30(バイパー)&MOVE30使用曲

 

◆MOSSAレッスン体験まとめ一覧
グループファイト レッスン体験
グループパワー レッスン体験
グループセンタジー レッスン体験
グループブラスト レッスン体験
グループグルーヴ レッスン体験
グループアクティブ レッスン体験
グループコア レッスン体験
バイパーワークアウト レッスン体験

タイトルとURLをコピーしました