バイパーワークアウトJUL17をはじめてやった感想 [ViPR WORKOUT JUL17]

レッツ・ローデッド!MOSSAラブのやまぴーです

はじめてのJUL17体験シリーズは本日でひとまずラスト

最後に体験したのはやまぴー的にMOSSA史上最凶のプログラム、バイパーワークアウトォ!

バイパーワークアウトJUL17GROWYOUNGER

どんな内容かというと、「バイパー」とよばれる円筒状のでかくて重いゴムの塊を30分間ブンまわす苦行です

しかも流れている曲を無視して「とにかくブンまわせ」とか「心拍数上げろ」とか言われます

でもフォームが崩れてると、「背筋はまっすぐに」とか「股関節からしゃがめ」とかそこはキッチリ直されます

冗談抜きで呼吸困難になりそうな30分

こんなプログラム誰がやるんだよ?って思います

え?じゃあなんでお前は参加してるのかって?

それが自分でもよくわからんのですよ

2017/09/03
メガロス調布店
バイパーワークアウト30
向井大未コーチ

やまぴーがバイパーで一番参加してるのがこちら調布店の向井さん

バイパーはできるインストラクターが少なく、よってレッスン数も少ないです

「だからコリオを間違えても99%バレません!」

と力強く答える向井さん

そこはドヤ顔するところじゃないですね

ViPR JUL17 trailer

ViPR WORKOUT JUL17 TRACK LISTING [Viper MOSSA]
01.[PREP] Have Some Fun / DJ Felli Fel ft. Cee-Lo, Pitbull, Juicy J
02.[VITALITY] Give Into The Bass / Crew 7
03.[PERFORMANCE] Performance Mix / Various Artists
*Tarantula / Smashing Pumpkins
*Devotion / Quintino
*Learn To Fly / Foo Fighters
*Sharp Dressed Man / ZZ Top
*The All-American Rejects / Dirty Little Secret
04.[RECONDITIONING] Let Me Love You / DJ Snake ft. Justin Bieber

バイパーワークアウトJUL17使用曲・動画リスト
https://yamapy.net/viprworkout-song-jul17/

バイパーJUL17は向井さんが言うには「移動距離がありすぎる問題」が発生しているとか

今日はスタジオのスペースにも余裕があり、問題が発生するには絶好のコンディションだとか

イヤな予感しかしませんが、曲ごとに今回のコリオをチェックしていきましょう

01.[PREP] Have Some Fun / DJ Felli Fel ft. Cee-Lo, Pitbull, Juicy J

まずはバイパーを片手で押しながら片足を引いて残りの手を上に伸ばす

バイパーを倒しながらこのストレッチを行うイメージです

ストレッチ

バイパーが重量があるぶん、通常より強く伸びを感じられます

そしてタテ向きにしたバイパーを持ち上げて下側をキャッチ

バイパー

バイパーを上へほうり上げる筋肉の瞬発力と、キャッチしたバイパーを立てたままにするバランス感覚が必要で、ウォームアップながら難易度高めです

そしてバイパーをタテに持ち、後ろへ移動して戻ってくる(予告動画0:33あたり)

バイパーワークアウトJUL17

これが向井さんの言ってた「移動ありすぎ問題」のひとつですね

確かに、後ろに人かカベでもあればすぐ戻ってこれますが

今回はウォームアップから運動強度が高めな気がします

02.[VITALITY] Give Into The Bass / Crew 7

両手で持ったバイパーを持ち上げてタテやヨコにグルリと回します(予告動画0:23あたり)

バイパーワークアウトJUL17

これやってるあいだ、バイパーはずっと持ち上げっぱなし

続けているとバイパーの重さがジワジワとのしかかってきます

なお、バイパーは身体(体幹)から離すほど動かすのが大変になるので、体力に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください

やまぴーは絶対やりませんけど

そしてバイパーを右に倒して左に倒しての反復横跳び

バイパーをどんどん低く倒していくように向井さんからキュー(指示)がでます

ちくしょう、むしろアンタを倒してやりたい

ラストは持ち手を逆に切り替えてさらに反復横跳び

これ、手が逆になった分、さらに移動距離が伸びます

もうスタジオ中がぴょんこぴょんこのホップステップ

いや、やってる本人たちはそんなかわいい擬音な気持ちじゃありませんけどね

これでもまだメイン前の準備運動なんだからとんでもない話ですよ

03.[PERFORMANCE] Performance Mix / Various Artists

3曲目こそがバイパーのキモ、もう曲のリズムなんておかまいナシに自分が出せるMAXの動きを強要されます

覚えているところで紹介すると…

床に置いたバイパーを頭上まで持ち上げてそのままジャンプ!

およその人間が嫌いであろう、重い荷物を持ってのジャンプです

もちろん、床にあるバイパーを取るときはお腰を曲げずお尻からしゃがませて取り、戻すときもバイパーをそっと床に置きます

そして1曲目でもやった、バイパーを持ち上げてのキャッチ

ただし、今回はバイパーを斜め上に放り上げ、キャッチの姿勢はサイドランジになります(予告動画0:44あたり)

バイパー

コレ、かなりムズかったです

さらに、こちらも1曲目であった動きですが、バイパーをもって後ろに下がり、ランジの姿勢でバイパーを押し出し、正面に戻ります

1曲目よりかなりペースが速いです

ゆっくりやりたくても、まわりのスピードに合わせざるをえません

また、バイパーを前方へ構えたかと思ったら、いきなり後方へバックアタック(予告動画0:52あたり)

バイパーワークアウトJUL17

後方の相手の上半身を真っ二つにするぐらいバイパーを落とします

あるいはバイパーを一本背負いするくらいの気持ちで

そして今回のメインは、なんと二人一組になっての「バイパーの受け渡し」

お互いに向き合い、左右に移動しながらバイパーを渡し合います

バイパー

なんだ、今回はそんなにキツくなさそうじゃん

とか思ったそこのアナタ、ぜんぜんわかっていませんね

たしかに、普通の荷物の受け渡しをイメージするとキツくないよね

荷物受取

でもここはドМたちのサンクチュアリ、バイパーワークアウトのクラスです

“相手のために、相手が受け取りにくい渡し方をする”

という理解できない感性をもったヤツらの集まりなんです

低く渡そうとしてるヤツがいたら

バイパー

ほう、じゃあこちらは上から渡しましょう

あらヤダ、じゃあタテで渡そうかしら

バイパー

ではこちらはナナメなどいかがでしょうか

バイパー

じゃあこちらは奥行アリの3Dバージョンでお渡ししますわ

バイパー

などと、外から見れば嫌がらせ合戦にしかみえないようなドМたちのおもてなし合戦が続いていきます

バイパー

最後はもうお互い「ハアハア」と会話もできない状態になりますよ

04.[RECONDITIONING] Let Me Love You / DJ Snake ft. Justin Bieber

横に置いてねじってバズーカポーズやったり、途中からトランスバーススクワットの体勢だった気がします

いや、もう疲れて覚えてないです

今回もいつもどおり「もう二度と出たくない」と思えるコリオの数々でした

いやホントに、誰ですかこんなふざけたプログラム考えたヤツは

もう100回ぐらい言ってる気がしますが、もう二度と出ないと思います

◆はじめてのJUL17体験シリーズ
グループファイトJUL17をはじめてやった感想
グループパワーJUL17をはじめてやった感想
グループセンタジーJUL17をはじめてやった感想
グループグルーヴJUL17をはじめてやった感想
グループブラストJUL17をはじめてやった感想
グループアクティブJUL17をはじめてやった感想
グループコアJUL17をはじめてやった感想
バイパーワークアウトJUL17をはじめてやった感想

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク