ジョジョリオン「#91 危険な追跡 その③」のネタバレ感想[ウルトラジャンプ2019年11月号]

ウルトラジャンプ2019年11月号に掲載されたジョジョリオン91話『危険な追跡 その③』のあらすじと感想を、ジョジョ歴30年の管理人やまぴーがネタバレありで語らせていただきます。

※これまでのジョジョ全般のネタバレにも触れていますのでご注意ください。

「岸部露伴は動かない」新作OVA、『懺悔室』『ザ・ラン』の制作が決定しましたね。


公式サイト http://jojo-animation.com/ova/rohan/

動かないといいつつ躍動感あふれるキービジュアル。

ザ・ラン

キャストも紹介されてます。

『懺悔室』若い男役…高橋広樹
『ザ・ラン』橋本陽馬役…内山昴輝

名前がないとはいえ「若い男役」ってなんですか。他キャストも「浮浪者役」とか「娘役」ってことですね。

なお、以前に『ザ・ラン』のネタバレ感想を書いてます。よかったらご覧ください。

前回のあらすじを忘れた人は↓

91話のあらすじと感想

康穂ちゃんと透龍くん

扉絵は、先月号に引き続きスタンド・ソフト&ウェットでオラオラのラッシュをかます東方定助(ひがしかたじょうすけ)。

定助の両ほっぺがスペック戦後の花山さんみたいになってます。そう思うとスタンドの立ちかたもちょっと侠客立ちっぽい。

先月号の雨粒の貫通による怪我でしょうか。

アオリは
貫き進む――

定助というより雨粒のことですね。

ページをめくると先月に続き、にわか雨の屋外に立つ広瀬康穂(ひろせやすほ)と元カレの透龍(とおる)くん。

透龍くんのスマホに保存されていた、TG大学病院院長明負悟(あけふさとる)と東方密葉(ひがしかたみつば)のツーショット写真。絶対に追えないと思っていた院長の写真を透龍くんがなぜ?

アオリは
疑念が――

康穂ちゃんが写真のことを聞くと、透龍くんは「たまたまだよ」と答えます。このタイミングで院長と密葉の写真をたまたま持っているとは。4部のチンチロリン勝負ぐらいの偶然ですよ。

チンチロリン

逆に康穂ちゃんたちがTG大学病院で何をしていたのか質問する透龍くん。質問に答えてからの質問なのでルール違反ではありません。
しかし、いまだガードの堅い康穂ちゃんは透龍くんの質問には答えません。

診察だけだったのかもしれない…
でも密葉さんはすでに「院長」を知っている

康穂ちゃんのスタンド、ペイズリー・パークが意を決して電線に飛び込みダイブします。

密葉さんに会いに行かなくてはッ!
やっぱり何か… 何かの目的で『密葉さんは狙われている!』

電線のなかをザ・ランするペイズリー・パーク。密葉は前にも羽伴毅(うーともき)に利用されていた経緯があります。岩人間は密葉を通じて何を狙おうとしているのか?

狙っているのは「新ロカカカ」!!

ここで改めて確認することは、新ロカカカのありかを一部の人間しか知っていない、ということです。新ロカカカがあるのは東方邸で、それ知っているのは東方常敏(ひがしかたじょうびん)と息子のつるぎのみ。(と、死んだオージローマコリン)

定助と豆銑礼(まめずくらい)は「新ロカカカは岩人間が持っている」と思っていて、逆に岩人間サイドは人間サイドが持っていると考えています。

「新ロカカカは岩人間たちに奪われておらず、実は東方邸にあるのでは?」と推理しているのは康穂ちゃんのみ。真実を求める康穂ちゃんは、透龍くんがバイトで使っている車を指差して話します。

連れて行って欲しいの 東方邸まで…

康穂ちゃんの背後で意味深な表情になる透龍くん。読者の大半が院長と透龍くんの関係を疑っているなかで、最悪とも言える次の一手です。いや、展開的には最高ですけど。

2人の後ろを通過するパトカーと救急車。おそらく定助と礼さんを護送中なのでしょう。

でも康穂ちゃんって、虹村さん経由で東方邸に出禁宣告を食らってなかったっけ?
もはや忘れたほうがいい設定ではありますが。

キッチンスタジアム

場面は変わって東方邸。新聞にオージローとマコリンの死亡記事を見つけたつるぎは激しく動揺します。

だ…… 誰も悪くない……… 誰も!パパも…
悪いのはオージローだった

思わず新聞紙をクシャクシャにするつるぎ。彼には二人を始末したのが父常敏であることがわかるからです。確かにオージローは自業自得ですが、マコリンはちょっとやりすぎな気が。

新聞記事のほかにもつるぎには恐ろしい事態が迫っています。東方家の長男が11歳になると必ず発病する、呪いともいえる病気。つるぎの顔面はさきほどの新聞紙のようにクシャクシャに崩れていきます。

この症状、4部の虹村父の症状とちょっと似てますね。つるぎもあんなブサカワペットみたくなるのかな。

母密葉がつるぎの様子を気にすると、トイレへ逃げ込むつるぎ。つるぎが読んでいた新聞記事を見ると、そこにはママ友マコリンとの死亡記事が。

どうでもいいですが、さきほどクシャクシャだった新聞紙の紙面がクッキリに戻っています。新手のスタンド使いか?

亡くなった……!?
マコリン…がッ!!

ちょっと気になる点が2つ。まず、常敏は密葉にオージロー襲来の話をしていないのか。もしそうならこの夫婦はお互いに隠し事が多すぎですね。
そして密葉はマコリンをマコリンと呼ぶほど仲良しだったのか。お互い外ヅラは良さそうだから可能性はアリですね。

マコリンの死亡記事の横を見ると、今度は定助が指名手配になっている記事が。密葉はこれら一連の事件に違和感を覚えます。

どこからか……繋がって続いているような!
偶然の「何か」が連続しているような……!!

どう考えても繋がってます。4部のチンチロリン勝負ぐらい偶然じゃあないです。

チンチロリン

そもそも、かかりつけのドクターが粉々になって体内に侵入してきた時点で異常事態に巻き込まれていることは気づくべきです。

料理中の密葉がふとキッチンから窓の外を見ると、そこには東方邸の敷地内で傘もささずに立つ院長の姿が。以前も東方邸の敷地外に、そしてミワちゃんの鉄門の事故の時の録画映像にも写っていた院長の後ろ姿です。

なぜ…うちの敷地の中に居るの?

院長によそ見をしていたそのとき、密葉は包丁で自分の指を切ってしまいます。中指と薬指の第一関節を骨までザックリです。これまたポルポと同じくブラック・サバスのギタリスト、トニー・アイオミのオマージュでしょうか。密葉は左手だけど。

ポルポの指食い

動揺しながらも、スタンドアウェイキング・3リーブスを出す密葉。切断しかけた2本の指を矢印で接合させます。すごいな密葉。ブチャラティのジッパー縫合ぐらいの治療はできるということか。

しかし、驚いて放した包丁がオイルボトルに当たり、オイルがこぼれ出てしまいます。こぼれ出たオイルはそのままコンロの火を燃え上がらせ、熱せられた鍋の熱湯が密葉を襲います。

しかし、密葉は3枚目の葉っぱ(矢印)を出すと先ほどの2つと直角になるように配置。エネルギーのフィールドを作り出して熱湯を換気口へ弾き返します。

密葉の矢印、めちゃくちゃ強いじゃあないですか。ここまで強いと逆に活躍の場がなさそうな気がします。アナスイのダイバー・ダウンのように。

どうでもいいけど、酸化防止のためにも油は使わないときはフタしないとダメです。でも家政婦の虹村さんがいるのにちゃんと料理している密葉って、けっこういいお母さんかも。

「包丁」『鍋の熱湯』がわたしを『襲ってきた』
『そういう風にも見える』

一方、院長に気を取られた蜜葉がウッカリと包丁で指をザックリやって、そこに熱湯がバシャリという偶然が重なったともとれます。

でも連続している

6部の「ドラゴンズ・ドリーム」、岸辺露伴の「望月家のお月見」でもあった『風が吹けば桶屋が儲かる』的な偶然の連鎖。もちろん元ネタはホラーの名作「ファイナル・デスティネーション」です。「デッドプール」のドミノも同じ能力持ってますね。

トランスフォーマーつるぎ

大きな音がした…
ママ? 大丈夫?…

騒動を聞きつけたつるぎが密葉のそばにやってきます。キッチンは先ほどの騒動で散らかり放題、天井にまで飛び散った鍋のお湯がポタリと垂れています。その一滴がつるぎの鼻に「ポタリ」と直撃。

いきなりその場に倒れこむつるぎ。なんと雨粒はつるぎの鼻を貫通、つるぎの顔には大きな穴が開き血が噴き出しています。まさに定助の二の舞です。でも、つるぎは院長を追ってないはずでは?

突然、頭部が金属のように変形するつるぎ。左腕も同じように鋭利に変形をはじめています。

『院長ッ』!!

つるぎが攻撃されていると思い、外に向かって叫ぶ密葉。しかしこれは院長の攻撃ではないようです。それは変形するつるぎ自身が一番理解しています。

この姿は僕のスタンドできっとこれから暴走するみたいだ

頭部から先端が折れた刃物が突き出ているのは折り紙の鶴のくちばしだったようです。先が曲がっているから『懺悔室』の若い男の髪型かと思いましたよ。

つるのクチバシ

長男で…11さいだからね
「東方家の時間切れ」がやって来たんだよ

変わりゆく息子の姿に取り乱す密葉。そんな密葉を逆につるぎが励まします。

ママ…でも 泣いたり… 心配したりしないで

いつだってどこにだって敵は居るけど…きっと勝つよ

勝つのはいつだって東方家なんだ

なんてタフなセリフなんでしょう。ダジャレを言って康穂ちゃんのおっぱい触ってたガキのセリフとは思えません。川尻早人といい、杜王町は少年が成長するのに最適な環境なのでしょう。

発病する息子つるぎを見て唖然とする常敏。つるぎの治療に新ロカカカの実を使うつもりだったのでしょうが、寸前のところで間に合わなかったようです。

つるぎの発病に引き寄せられるようにキッチンへ集まってくる東方家の人間。憲助(のりすけ)、(はと)、大弥(だいや)、常秀(じょうしゅう)と、皆つるぎのもとに集まります。

つるぎィィィィ――ッ

息子を抱えながら叫ぶ密葉。物語は佳境へ入りつつあります。

危機また鬼気の冒険

場面は変わりTG大学病院内。ベッドで眠る一人の男性。指パッチン(パルスオキシメータ)された手がテーブルに置かれた水兵帽を取ります。帽子の横にある時計の時刻は午前10時52分。外には講演会の垂れ幕が下がっています。

『再生医療』について
TG大学病院院長 明負悟

会場前にはすでに多くの人が集まっており、そこには会場入りする院長の姿も。院長の姿を撮るカメラマンたち。フツーに正面から写真を撮られている姿が笑えます。

どうやら日付は変わり講演会当日に。警官が定助の病室に入り、窓から外の様子をうかがいます。そして定助に顔を近づけ話します。

今… 窓の外を見ていたな

どうやら定助の意識が戻ったことに気づいたようです。そりゃ戻ってきたら容疑者が帽子かぶってるんだから気づくでしょう。どうでもいいですが、意地でも水兵帽を脱がさない荒木先生に脱帽です。

パチリと目を開けると同時に、定助は警官の両耳でシャボン玉をはじきます。攻撃を受けてよろける警官。おそらく三半規管を攻撃して平衡感覚を「奪った」のでしょう。

「追跡」は… 必ず「何か」が 激突して来る攻撃だが…
…どうやら…オレは 「院長」に近づけた… ようだ…

重傷を負いながらもベッドから起き上がろうとする定助。窓の外には院長の後ろ姿が見えます。どうやら決死の潜入作戦は成功したようです。

と思ったのも束の間、さきほどの警官が気を失って定助の上に倒れ込んできます。ベキョッと定助の腹部を押し潰していく警官の腕。

うおああああっ 何!

起き上がって5秒でモブだとばかり思っていた警官(しかも気絶中)により絶体絶命のピンチに陥る定助。

ラストのアオリは
ぶつかってくる!!

モブ警官からの気絶ダイブで早くも窮地に。まさに「勝って兜の緒を締めよ」のことわざを体現してくれる定助。危機また鬼気の冒険です。恐怖絶頂のラビリンスです。

正直、今回のラストはちょっと笑ってしまいました。

91話のまとめと考察

91話をまとめると、ポイントは以下のとおり。

  • 康穂ちゃんは新ロカカカを探しに透龍くんと東方邸へ向かう
  • 密葉は新聞でマコリンと定助の事件を読み、何かが起こっていると気づく
  • 院長に気を取られた密葉が、包丁で自分の中指と薬指を切り落としかける
  • 東方家の呪いによりつるぎがスタンドを暴走させ、昏睡状態となる
  • TG大学病院に入り込めた定助だが、気絶した警官に倒れ込まれ早くも窮地に陥る

今回は東方邸でかなり進展ありましたね。新ロカカカの収穫目前で、つるぎがまさかのタイムオーバー。東方家の呪いはジョニィが引き受けた病みたいなものかと思ってましたが、顔面くずれやスタンド暴走は4部の虹村オヤジの肉の芽暴走に近そうです。しかし暴走ヴィジョンがツルでなによりです。もしカエルだったら六壁神社でドロミテと生涯を共にしてたかも。

やまぴーの予想では、つるぎもTG大学病院に運ばれ主要メンバー全員がTG大学病院に集合、そのまま東方家VS岩人間のバトルロイヤルに突入だと思ってます。TG大学病院ならホリーさんもいるし、かなりエンドゲームが期待できそうです。

定助は東方の人間がお見舞いに行くと「いや!上に乗らないで!」と5部でいえばジョルノ&ミスタ、3部でいえばジョセフ&アブドゥルな痴態を繰り広げている最中でしょう。その後「何やってんだオメーは」と、常秀に警官をどけてもらって九死に一生を得ます。しかし直後に大弥ちゃんがぶつかってきて定助は再起不能となります。

講演会はつるぎのスタンドが暴走したため、会場内の文字はすべて「ごま蜜だんご」に、来場者の顔はすべて瀬戸康史になってしまい、収拾がつかなくなりあえなく中止です。

グレーテルのかまど

また、タッチの差で入れ違いとなった康穂ちゃんと透龍くんは誰もいない東方邸に到着。やることがない二人は二本松の下でイチャつきはじめます。しかし、透龍くんがいきなり高価な宝石を首から下げて「その新聞の赤ちゃんはわたし」と重大発表を開始。康穂ちゃんも「おめえ~~ッ いったい年いくつなんだァ~~~ッ!?」とノリノリで返答。そんなやりとりを遠くのハンモックから眺める花都。

そういえば花都ってどうなったんでしょう。家族のことをいつも愛してるとか言いながら、プアー・トム戦にもオージロー戦にも登板してないよなぁ。次に登場するときには全然ちがうスタンド能力になってるかもしれません。ひょっとしたらもう登場もないとか。いや、コミックスの登場人物紹介にいるから消されることはないか。

今回はいつにも増して考察になってませんね!でも次号も楽しみですね!

おまけ

ウルジャン目次の荒木先生のコメントは、

コミックフェスでイタリアへ行きます。仕事だけどイタリア旅行は嬉しいな。

『LUCCA 2019 COMICS AND GAMES』というサイトで、荒木先生の記事を見つけました。
HIROHIKO ARAKI, OSPITE D’ONORE

LUCCA2019 HIROHIKO ARAKI

何書かれてるかサッパリわからんけどトークショーやるっぽいです。あとラストサバイバーのロケテストも。

ああ、やまぴーに金と時間と語学力があれば行くのになぁ。どれもないから話になりません。

ん?ってことは再来月あたりは休載?

#92へつづく→

←「#90 危険な追跡 その②」へもどる

「ジョジョの奇妙な冒険」総合ページへ→

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
Googleアドセンス336

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336