『岸辺露伴は動かない』実写ドラマ化エピソード『富豪村』『くしゃがら』『D.N.A』について

『岸辺露伴は動かない』実写ドラマ化エピソード『富豪村』『くしゃがら』『D.N.A』について

 

NHKにて2020年12月28日より3夜連続で実写ドラマ化されることになった『岸辺露伴は動かない』。

公式サイト
原作:荒木飛呂彦×主演:高橋一生「岸辺露伴は動かない」12/28から3夜連続放送!

これは岸辺露伴やジョジョのことを知らない人にも楽しんでほしいドラマですね。

そこで、岸辺露伴マニアの管理人やまぴーが、わかりやすく『岸辺露伴は動かない』について紹介します。岸辺露伴を知らない人はもちろん、知ってる人も復習に読んでいただけると幸いです。

なお、実写ドラマ化されるエピソードのネタバレはしていませんので、ご安心ください。
でも、NHKの公式ページのあらすじが、だいぶネタバレしてます。

 

スポンサーリンク

『ジョジョの奇妙な冒険』とは

ドラマの主人公となる岸辺露伴は『ジョジョの奇妙な冒険』という漫画のキャラクターです。ですので、はじめにジョジョの説明からさせていただきます。すでにジョジョをご存じの人は、次章『岸辺露伴とは』をお読みください。

『ジョジョの奇妙な冒険』は週刊少年ジャンプで1986年より連載がはじまった能力バトル漫画です。「スタンド」と呼ばれる特殊能力を使って戦います。また、ストーリーの進行とともに主人公が交代する珍しい漫画です。

少年誌らしい能力バトル漫画ですが、ストーリー展開と絵柄はだいぶ少年誌向きではありません。そのため連載開始から長い間、ドラゴンボールやスラムダンクの下で二軍としてひっそりと連載していました。

一般ウケはしないものの連載当初からマニア層からの支持は絶大で、2020年の現在もウルトラジャンプで連載が続いています。しかし、現在連載中の第八部は人気的に微妙です。

ケンドーコバヤシや西野七瀬など芸能人のファンも多いです。テレビで取り上げられることも多く、芸能人がネタにしていることでジョジョを知った人も多いはずです。

ジョジョの奇妙な冒険とは『マニア層の熱烈な支持で一般層に知られた漫画』だと言えるでしょう。

すでにアニメ化もしています。さらに実写映画化もしましたが、こちらは残念な結果となりました。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』をジョジョ歴30年の俺が裁きます(ネタバレあり感想)
ししし、やまぴーだど! 本日紹介する映画はこれだど! 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』予告3【HD】2017年8月4日(金)公開 映画が大好き。 ジョジョも...

それだけに今回のドラマ化には期待が高まります。

というか、実写映画化はみんなボロクソに叩いたのに、ドラマ化には期待してるのがちょっと不思議です。やまぴーもその一人ですけど。

 

スポンサーリンク

岸辺露伴とは

ジョジョの奇妙な冒険の第四部に登場するキャラクターです。主人公ではありません。

16歳でデビューを果たした20歳代の人気漫画家で、「相手を本に変えて個人情報を読んだり、命令を書き込んでその通りに動かすことができる」ヘブンズ・ドアーというスタンド(特殊能力)を持っています。

人生のすべてを「読んでもらう漫画を描く」ことに捧げています。おもしろいネタのためなら、自分自身や倫理観を捨てても問題ないと思っている職人肌の持ち主です。ジョジョに初登場したときも、人を殺しかけているクソ野郎です。

しかし、漫画に対するひたむきな姿勢やどんな相手にもビビらない態度の露伴はカッコいいです。ファンになった読者も多く、作者の荒木先生自身も岸辺露伴を「漫画家としての自分の理想像」と言っています。

ぶっちゃけ、岸辺露伴ってほとんどの人間の理想像ですから。「態度がデカいのに実力あるから言い返されない」ってみんな憧れますよ。

 

スポンサーリンク

『岸辺露伴は動かない』とは

「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ、もしくは外伝的な位置づけにある短編集が「岸辺露伴は動かない」です。

「ジョジョの奇妙な冒険」では、基本的にキャラクターは使い捨てです。ですが、作者の荒木先生があまりにも岸辺露伴を気に入ってしまったため、スピンオフという形で復活させました。

オカルトや超常現象などの怪奇と遭遇する岸辺露伴の、一話完結タイプのエピソードになっています。タイトルに「動かない」とあるように、基本的には巻き込まれ型のエピソードが多いです。

露伴のスタンド「ヘブンズ・ドアー」の能力が強力なため、対峙する相手も神様とか自然現象とか人外の存在であることが多いです。ジョジョではないので「スタンドvsスタンド」のような話は今のところありません。

そもそも「岸辺露伴は動かない」はバトル漫画ではないので、露伴が戦うことはありません。また、チョイ役で登場したり(『D.N.A』など)、本編には一切登場しないこと(『望月家のお月見』など)もあります。

 

スポンサーリンク

『岸辺露伴は動かない』実写ドラマ化エピソードについて

今回NHKで実写ドラマ化されるエピソード『富豪村』『くしゃがら』『D.N.A』の3本。どれも登場人物が少なく、ドラマ化しやすそうなエピソードです。

各話ごとに、あらすじと、ネタバレにならない程度の情報をお伝えします。

 

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ第1話『富豪村』

周囲から隔絶された山奥に豪邸が11軒ある「富豪村」。所有者はいずれも各界で成功した大富豪ばかりで、いずれも20代でこの村の土地を所有してから成功しているという。ただし、条件をクリアしないと買うことが許されないらしい。ことの真偽を確かめるべく、露伴は、新人の担当編集・泉京香と共に富豪村に赴く。そこで課されたのは奇妙な試験だった。それは「マナー」。マナーに寛容はない。「正しい」か「正しくない」か。一つマナーを守れば成功に近づくが、一つ破れば大切なものを一つ失っていく…。(公式サイトより)

荒木先生が「ポツンと一軒家」を見てたときに思いついたネタでしょうか。いや、TV放送のほうが後なんですけど。

かつて岸辺露伴が遭遇した、いやジョジョ史上でも最強規模の敵が出てくるエピソードがこの『富豪村』です。しかも、その最強クラスの敵と戦うときに使われるモノが、肩透かしを食らうようなモノです。

「あんな誰もが目にするアイテムで、エピソードを盛り上げれるってすげえな」と読んだときは感動しましたよ。あと、単純に「へえ、そうなんだ」と思いました。マナーは知っておいて損することないですね。

このエピソードに登場する女性編集者「泉京香」は、作者の荒木先生が大嫌いな人物像だそうです。どのような演技をしてくれるのか、注目したいですね。

なお、この『富豪村』は、特典映像としてアニメ化もしています。

 

「エピソード#5 富豪村」のネタバレ感想はこちら↓

岸辺露伴は動かない「エピソード#05 富豪村」のあらすじ・ネタバレ感想・考察
週刊少年ジャンプ2012年45号に掲載された『岸辺露伴は動かない』の『エピソード#05 富豪村』について、ジョジョ歴30年の管理人やまぴーがネタバレありであらすじと感想、考察を語らせていただきます。 ※これまでのジョジョ全般のネタ...

 

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ第2話『くしゃがら』

露伴は同僚の漫画家・志士十五から奇妙な相談を受ける。担当編集者から「くしゃがら」という言葉は使用禁止だと言われたのだ。しかしネットにもどんな辞書にも意味は載っていない。使うなと言われると使いたい。だが意味を知らないと使えない。「好奇心」の魔物にむしばまれ、十五は心身に異常をきたす。露伴が彼を「本」にするとそこには袋とじページが。袋とじの中に何かが蠢(うごめ)いていて…。(公式サイトより)

こちらのエピソードは、漫画ではなく小説版のエピソードになります。漫画では表現できない「小説だからできる」展開のオンパレードに、読んだときはうなるほどでした。正直、小説版で一番おもしろいエピソードでしょう。

どうでもいいけど、あらすじが紹介しすぎでしょ、コレ。

ちなみに、このエピソードを作ったのは荒木先生じゃあなくて、小説家の北國ばらっど先生です。ドラマ化にあたって、こちらの先生にもちゃんとギャラは入るんですよね。「じゃないほうの芸人」みたいな扱いじゃあないですよね。

このエピソードだけはCG必須ですから、スタッフ陣に期待したいところです。

 

小説版「岸辺露伴は叫ばない」のネタバレ感想はこちら↓

【くしゃがら有り】『岸辺露伴は動かない』のスピンオフ短編小説集『岸辺露伴は叫ばない』のネタバレ感想と補足説明
こんにちは、やまぴーです。 今回は『ジョジョの奇妙な冒険』からのスピンオフ漫画『岸辺露伴は動かない』、からのスピンオフ小説『岸辺露伴は叫ばない』の感想です。 岸辺露伴は叫ばない 短編小説集 (JUMP j BOO...

 

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ第3話『D.N.A』

京香から彼女が付き合っている写真家の平井太郎の記憶喪失を、“催眠術”で探って欲しいと頼まれた露伴。太郎は、著名な写真家だったが、6年前に交通事故にあい、一命は取り留めたが、完全な社会復帰に至っていなかった。露伴が京香に太郎を紹介され話しているところに、バギーに女の子を乗せた片平真依が通りかかる。すれ違い様バギーの奥から娘・真央の手が伸び太郎の裾を掴み、太郎を転倒させてしまう。その瞬間、露伴はシェードの奥から見つめる真央の目に異変を感じていた。(公式サイトより)

少女漫画誌「マーガレット」で連載されたエピソードです。40歳過ぎてマーガレットを買ったときの恥ずかしさはいまだに覚えています。

露伴と同じ「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラである山岸由花子という女子高生が登場します。この子もスタンド能力も持っていますが、このエピソードでは出していません。ちなみに、由花子は実写映画版にも登場していていますが、やはり能力は出さずじまいです。

「D.N.A」では露伴の出番はほとんどナシです。ヘブンズ・ドアーをちょっと出しますが、何もせずに退場します。カメオ出演程度の出番しかありません。

なんですが、ドラマ版のあらすじを読むと漫画版とかなり違うみたいです。「D.N.A」だけは、オリジナルエピソードとして見たほうがいいでしょう。

漫画のストーリーを変えると原作ファンが怒るのは周知の事実。それを知った上での変更でしょうから、ドラマスタッフの力量に期待したいところです。

 

「エピソード#9 D.N.A」のネタバレ感想はこちら↓

岸辺露伴は動かない「エピソード#9 D.N.A」のネタバレ感想と考察【別冊マーガレット9月特大号掲載】
はちにんこ、やまぴーです 月イチ恒例のジョジョリオンのネタバレ感想ですが、今月は嬉しいことに「岸辺露伴は動かない」の出張掲載もありましたのでそちらのネタバレ感想も、たっぷり言わせていただきます ※ここから先はネタバレあり、というか別...

 

スポンサーリンク

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ紹介まとめ

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ紹介まとめをまとめると、ポイントは以下のとおり。

『岸辺露伴は動かない』とは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクター、人気漫画家の岸辺露伴を主人公としたスピンオフ漫画(小説)である。

岸辺露伴は「相手を本に変えて個人情報を読んだり、命令を書き込んで動かすことができる」スタンド能力『ヘブンズドアー』を持っている。

実写ドラマ化されるエピソードは『富豪村』『くしゃがら』『D.N.A』の3本。

エピソードは、3本とも低予算(失礼)でドラマ化できそうなやつですね。登場人物もCG処理も少なめでいけそうです。

これが、『月曜日 天気-雨』だったら大勢のエキストラと鉄道会社の全面協力が必要だったでしょう。

やまぴーとしては、NHKだからピタゴラスイッチっぽい『望月家のお月見』をやってほしかったな、と思います。露伴の登場は一瞬だけど。

「岸辺露伴は動かない」は、オカルトや超常現象がテーマで、主人公の露伴が巻き込まれることが多いので、ドラマとしては『世にも奇妙な物語』っぽくなるのかな、と思ってます。違ったらゴメンなさい。

ただ、3話めの「D.N.A」はだいぶ原作と違うみたいだし、他の2編も原作と全然ちがうかもしれませんね。やっぱ視聴者ウケするのが一番大事ですから。

露伴がBL作家になってて志士十五とおっさんずラブするとか、「この岸辺露伴が最も好きな言葉のひとつは…倍返しだッ!」とか、スタンド能力を「漫画の呼吸」とか言い出したり。

原作ファン全員を敵に回しても、視聴率を狙いに行くとしたら、それはそれで楽しみです。

 

荒木 飛呂彦 (著)

 

荒木 飛呂彦 (著)

 

スポンサーリンク

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ キャストとスタッフ

【キャスト】
岸辺露伴:高橋一生
泉京香:飯豊まりえ
一究:柴崎楓雅
志士十五:森山未來
片平真依:瀧内公美
平井太郎:中村倫也

【スタッフ】
原作:荒木飛呂彦「岸辺露伴は動かない」
原作:荒木飛呂彦 小説:北國ばらっど「岸辺露伴は叫ばない 短編小説集」所収「くしゃがら」

脚本:小林靖子
音楽:菊地成孔
演出:渡辺一貴
撮影:山本周平
照明:鳥内宏二
録音:高木創
美術:磯貝さやか
編集:鈴木翔
人物デザイン監修:柘植伊佐夫

制作統括:鈴木貴靖、土橋圭介、平賀大介
制作:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK、ピクス

 

スポンサーリンク

「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ紹介おまけ

岸辺露伴のドラマを楽しみにしてる人は多いと思います。でも今回の放送局はNHKですので、見る人はちゃんと受信料払いましょうね。

後日、受信料の取り立てに小林玉美が来るかもしれませんよ。

小林玉美

 

 

荒木 飛呂彦 (著)

 

荒木 飛呂彦 (著)

 

 

◆ストーンオーシャン記事
ストーンオーシャンアニメ化で気になる点

 

◆イベント参加レポート
ジョジョワールドin横浜
荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋
メルセデスミー東京

 

◆映画・ドラマ関連記事
『岸辺露伴は動かない』実写ドラマ化について
実写ドラマ版『富豪村』あらすじと感想
『ダイヤモンドは砕けない』ネタバレ感想

 

◆ジョジョリオンネタバレ記事(新着順)
「#105 見えないしゃぼん玉」
「#104 終わりなき厄災 その⑩」
「#103 終わりなき厄災 その⑨」
「#102 終わりなき厄災 その⑧」
「#101 終わりなき厄災 その⑦」
「#100 終わりなき厄災 その⑥」
「#99 終わりなき厄災 その⑤」
「#98 終わりなき厄災 その④」
「#97 終わりなき厄災 その③」
「#96 終わりなき厄災 その②」
「#95 終わりなき厄災 その①」
「#94 危険な追跡 その⑥」
「#93 危険な追跡 その⑤」

23巻『胸いっぱいの愛を』

 

◆ジョジョリオン記事
ジョジョリオンの謎と矛盾点と疑問点まとめ
ミルクボーイ風ジョジョリオン紹介

 

◆ジョジョの奇妙な冒険記事
元ネタになった映画・小説・漫画まとめ

 

◆岸辺露伴は動かない記事
「#10 ザ・ラン」ネタバレ感想
「#9 D.N.A」ネタバレ感想
「#16 懺悔室」ネタバレ感想
「#5 富豪村」ネタバレ感想
「岸辺露伴は叫ばない」ネタバレ感想
「岸辺露伴は動かない」実写ドラマ化について

 

◆荒木飛呂彦先生インタビュー
kotoba2020年春号『悪の研究』
kotoba2019年夏号『シャーロック・ホームズとコナン・ドイル』
kotoba2019年冬号『孤独のレッスン』
kotoba2018年春号『ブレードランナー2019-2049』

 

ジョジョ関連記事まとめページ↓

ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョを愛してやまないの管理人・やまぴーが、ジョジョに関する漫画・アニメのネタバレ感想、イベント体験レポなど、いろんなネタをまとめています。 ◆ジョジョの奇妙な冒険記事 元ネタになった映画・小説・漫画まとめ ◆ジョジョリ...

 

タイトルとURLをコピーしました