ジョジョリオン「#75 プアー・トムとオゾン・ベイビー その④」のネタバレ感想

こんにちは、やまぴーです。

月イチ恒例のジョジョリオンネタバレ感想、今月もいきますよ。

※ここから先はネタバレあり、というかウルトラジャンプ2018年5月号のジョジョリオンを読んでないとまったく理解不能な内容となっております。

ホタルイカのパスタはニンニクを刻むのではなくすって入れたらうまいらしいよ。

ホタルイカのパスタ

余談ですが、今更ながら映画版ジョジョの感想アップしました↓

ジョジョネタ一覧へ→

まずは「豆銑礼」の過去エピソードからスタート。
昔は両親が育てた「梨」が評判で、ワンシーズンで8,000万円もの売り上げがあった果樹園。しかし、果樹園は自然災害でも害虫・害獣のせいでもなく、人間の簒奪者により果実を根こそぎ奪われ、廃業を余儀なくされていく。

農作物の盗難被害は、実際に農家の方々に深刻な被害を与えています。

農作物盗難

ためしに「果物 盗難 やくざ」で検索してみてください。けっこう非道い状況が分かるはずです。

余談ですが、盗んだ農作物は市場に売るとバレるため、ネットか海外で売るんだって。

<参考>
日本の農家から盗まれた野菜が中国に流れている

運命を呪った礼さんは、果樹の栽培には適さない高度1,200mの朽ちたスキー場にひとり住み始めます。そして高原で栽培したイチゴが初めて売れたのが17歳のとき。

買い手は「東方フルーツパーラー」の四代目である「東方憲助」。
以降、礼さんは憲助さんの為だけに、果樹の栽培と研究に専念していきます。

礼さんのツンデレな性格、そして憲助さんへの盲目的な信頼の理由がよくわかります。

やまぴーがジョジョ好きな理由のひとつは、わずか数ページのエピソードでキャラクターの内面を見事にとらえているところ。長々と回想編に突入する漫画にはうんざりです。

卸や市場の世界は年功序列や上下関係がかなり厳しいので、コネもない若造が相手にされることはまずないです。なので礼さんの憲助さんへの信頼はすごいと思いますよ。

というか憲助さんってブチャラティみたいな側面ありますね。
はじめは自分の娘をエサにする変態親父だったのに。いや、ブチャラティもはじめは変態だったか。

燃えさかる果樹園で、両腕をスタンド「ドギー・スタイル」でワイヤー状にして、敵本体である「プアー・トム」と「ロカカカの枝」を掴む礼さん。
地下通路から果樹園へ出てきて見守る「東方定助」。
離れの倉庫から見守る「常敏」と「つるぎ」親子。
空を飛ぶペパー・ムーン・鶴。

「この中の誰かが「枝」を回収するぞッ」

さっきまでベンツCクラス女と膝マクラだの太モモすりすりだの甘えんぼプレイをしていたトム爺。今は礼さんのワイヤーで緊縛プレイです。

緊縛の目にあうリスクがあっても、果樹園に火をつけられたら来るしかなかったトム爺。

「だから絶対に「ロカカカ」の枝は貰うからなッ!」

自分勝手ながら、言いたいことはわかります。

突然、顔面が陥没しはじめる礼さん。片腹も『バギョン!』とえぐれてます。

トム爺のスタンド「オゾン・ベイビー」は、地中に埋めてある時は射程距離が半径100mの優しい(?)攻撃でしたが、直接触れている相手には加圧の数値が大幅アップ!

プロシュート兄貴の「グレイトフル・デッド」と同じタイプですね。

加圧の力ってのはすさまじいみたい↓
水圧実験ビーチサンダルver(沼津港深海水族館)

顔面が陥没しまくってもはや別人の顔になっている礼さん。

そこへ定助がスタンド「ソフト&ウェット」でシャボン数発をトム爺に向かって発射。
中には何かの果実が入っています。

その正体は『イチイ』

イチイ

イチイ科イチイ属の植物で常緑針葉樹。神事に使われるための葉と枝ですが、果実以外、とくに「種子」の部分が猛毒です。

心臓毒の一種である「タキシン」は、アガサ・クリスティーの著書『ポケットにライ麦を』で、毒殺トリックのネタになったこともあります。

どうでもいいけど、ジョジョって別作品へのネタバレがけっこう容赦ないね。
6部の徐倫も「シックス・センス」のオチを言ってたよね。

古くは、ジュリアス・シーザーの「ガリア戦記」にも登場した由所正しき毒薬です。人間ならば、4~5粒程度で内臓へ深刻なダメージを与えて殺すことができます。

減圧で破裂したシャボンから出たイチイの種子を、ドギー・スタイルで何粒かトム爺の口に入れる礼さん。かなりの精密動作性です。

さらにジョジョ史に残る名言を叫びます。

「イチイは猛毒1位!」

顔面も内臓もヘコんでるなかでの決死のダジャレ!

個人的には、4部の「それ家事ね」と並ぶほどの名言です。

ただひょっとしたら、イチイは漢字で「櫟」や「一位」とも書きますので、ひょっとしたら誤植の可能性も…

いや、決死のダジャレだと信じたい。

猛毒イチイの毒に身体をのけ反らせるトム爺。
しかし苦しみながらもポケットからナイフを取り出します。

が、速攻でナイフと叩き落とす礼さん。

「この加圧におれが潰されるのが早いか…?」

「おまえの心臓に毒が回るのが早いか…?」

「覚悟を決めろ!ピストルズ!」

と、ミスタVSギアッチョ戦を彷彿させるガチンコの殴り合いみたいな展開です。

しかし、トム爺が必要だったのはナイフの「刃」ではなく「鞘」の方。
神谷活心流が「柄」だけあれば戦えるように、トム爺も「鞘」があれば戦えるようです。

礼さんから伸びたワイヤーを「鞘」で閉じれば、簡易版の「結界」が完成。
一気に礼さんを襲う加圧。

崩れ落ちる両腕。

飛び出す眼球。

引き裂かれる上半身。

一瞬だけ見える「豆」がトレードマークのスタンドのヴィジョン。

豆銑礼、死亡

冒頭に過去エピソードが出てきたから、これは礼さんが活躍する回だな!と思ったら、まさかの死亡。
3部でエピソードが紹介された花京院と同じ流れだったとは。

「猛毒1位!」の発言から、3ページ後には両腕が落ち、5ページ後には身体を引き裂かれて絶命するなど、誰が想像できたでしょうか。

ようやく康穂ちゃん以外の仲間ができたと思ったのに、もうお別れだなんてあァァァんまりだァァアァ!!

「か…勝ったぁああ~~」

「くそ野郎ーッ」

と、殺した相手をクソ野郎呼ばわりするトリッシュみたいなトム爺。
ロカカカの枝を振り上げながら叫びます。

「「枝」はワシのものだァアアーー!!」

相手を倒してもいないうちからの勝利宣言、ジョジョの世界におけるNG行為のひとつです。

裸足で果樹園の岩山を逃げていくトム爺の姿が一瞬サンドマンを思い出させます。でもあの体型では時速45kmは無理かな。

果樹園に近づいてくるサイレンの音。
火事を消火に駆けつけた消防車です。病院からは救急車も来ています。

これでイチイの種の解毒は安心のトム爺。
しかし別の心配として、救急車の窓が開いているかを気にしています。閉じていればスタンドの「結界」となり、半径100mで救急車の車内も「加圧」されていきます。

「あいつら仲間だからなあ…」

↑上のセリフがちょっとひっかかったんですが、これは救急車と消防車が仲間ってことでしょうか。

まさか岩人間の仲間が車に乗ってやってくるワケじゃあないですよね。
車で来るぐらいなら最初から一緒に行動してますよね。
重要ミッションのわりに単独行動しているトム爺に少々疑問を感じますが。
岩人間側はもう人材残っていないのかな。

加圧を気にせずトム爺に近づいていく定助。

「ホリーさん!」
「豆銑さん!」

「枝は誰にも渡さない…!」

二人の姿を思い浮かべながら(礼さんだけ血まみれ)、ソフト&ウェットで何層にも重ねたシャボンを発射します。

「くらえ!」

速度は遅く、ゆっくりと空中を漂うシャボン。

「なんだ?ありゃあ… しゃぼん玉をしゃぼん玉でくるんであるッ!」

「ミルフィーユ状…だ」

ミルフィーユというは、何層にも重ねた生地を千枚の葉っぱに見立てたお菓子のこと。(ミル[mille:千] + フイユ[feuille:葉])

ミルフィーユ

トム爺も知らぬ間に亡き礼さんをリスペクトしてのスイーツたとえです。

シャボンの層が割れるたび、方向を変えてトム爺へ近づいていくシャボン弾。
どんどんキラー・クイーンに近づいていく気がします。

しかもシャボン弾の内側には「何か」が入っている様子です。

「く…来る てめぇぇ~~っ」

気づけばシャボン弾とサイレンを鳴らす車両の間で挟み撃ちの状態になるトム爺。

『極限を制するのは!?』

こんな盛り上がりを見せつつ、次号は休載!!

トム爺も読者も2ヶ月間極限状態のままおあずけです。

やはり気になるのはシャボン弾の中身。おそらく、今回の決着がつく「何か」が入っていることは間違いありません。

やまぴーの予想では、礼さんが精魂込めて育てた小豆から作った甘納豆。
それを食ったトム爺は、サンジのウェディングケーキを食ったビッグマム状態に。
「お~~い~~しィィ~~♡♡」

あるいはトム爺への解毒剤としてワムウの鼻輪をシャボンで包んでいるか。
なるほど、ベンツCクラス女がタバコを吸ってたのは、リサリサ先生の暗示でしたか。
なわけあるか。

正直なところ、中身はぜんぜん予想できません。

もしかすると、三つ巴バトルを匂わせといて今月なにもしなかった常敏&つるぎ親子の隠しアイテムかも。それでトム爺に火がついたらいよいよ空気弾ですね。

個人的には、東方邸で倒れている描写がなかった花都ママの存在も気になるところです。

この状態で2ヶ月おあずけってのは厳しいなあ。

(※6/15追記)
荒木飛呂彦原画展にちなんだ雑感書きました。

「#76 プアー・トムとオゾン・ベイビー その⑤」へつづく→

←「#74 プアー・トムとオゾン・ベイビー その③」へもどる

ジョジョネタ一覧へ→

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク