グループパワーJUL18を体験した感想とポイント [GROUP POWER JUL18]

グループパワーJUL18

こんにちは、やまぴーです。

グループパワーLOVEの脳筋なみなさん、JUL18はもう体験されましたか?
このページでは、やまぴーがJUL18を体験した感想やポイントをまとめます。
随時更新していきますので、よかったら何度か読んでください。

※追加分は青地にしています。
(最終更新日:9/26)

JUL18全体のまとめページ↓

JUL18初日の体験談↓

グループパワーJUL18使用曲リスト

グループパワーJUL18予告動画紹介

GROUP POWER JUL18 TRACK LISTING
01.[WARM-UP] What About Us / P!nk
02.[LEGS] Hot Legs / Rod Stewart
03.[CHEST] Down to the Bottom / Dorothy
04.[BACK & LEGS] I Don’t Wanna Live Forever vs. Forever Young / Zayn & Taylor Swift & Alphaville
05.[TRICEPS] 9 to 5 / Dolly Parton
06.[BICEPS] Power / Little Mix feat. Stormzy
07.[MORE LEGS] Heavy / Linkin Park feat. Kiiara
08.[SHOULDERS] Ain’t No Party Like This / The Real Booty Babes
09.[CORE] Feel It Still / Portugal. The Man
10.[STRETCH] Grace / Rag ‘N’ Bone Man
11.[BONUS Back & Legs (4)] She’s So High / Tai Bachman
12.[BONUS Biceps (6)] American Woman / Lenny Kravitz

グループパワーJUL18使用曲・動画・コリオリスト

グループパワーJUL18全体の感想

今回はプレートを使う曲が多いです。しかも一曲で片手用2枚と両手用1枚だったり、バーベルと片手用2枚だったりします。プレートはかなり多めに必要です。店舗によってはプレート不足になりそう。

プレート

コリオとしては、バーベルのときとプレートのときで動きのタイミングが一緒だったりしておもしろいです。曲のテンポに合わせてのバーベル音ハメも健在。筋肉が喜んでピクピクするはずです。

また、途中でブラストやセンタジーっぽい動きが出てきてMOSSA連携を感じさせてくれます。あ、コアに似た動きはいつもたくさんあるのでスルーね。

なお、JUL18に限ったことではありませんが、MOSSAを愛する者ならばプレートの片付けはレッスン終了後に行いましょう。
約束ですよ。

01.[WARM-UP]について

01.[WARM-UP] What About Us / P!nk

今回はパワークリーンから始まりませんでした。
といっても途中でパワークリーンからショルダープレスという鉄板の流れが登場します。

バーベルを肩に担いでのランジは、実は1曲目しか登場しません。JUL18ではレアな存在です。

最後は台に手をついて、バーピーっぽい動きが入ります。

とくに変わった印象はありません。

02.[LEGS]について

02.[LEGS] Hot Legs / Rod Stewart

ウェイトファクター:ノーマル
プレート:片手用2枚

2曲目にピッタリなタイトルですね。PVがちょっとタモリ倶楽部みたいです。

バーベルのときはスクワットのみ。
その代わり、ナローとワイドを交互に行います。

ランジはプレートを持ってバックランジです。混んでるスタジオは後ろの人との距離に注意です。

03.[CHEST]について

03.[CHEST] Down to the Bottom / Dorothy

ウェイトファクター:インクリーズ
プレート:片手用2枚

チェストフライとチェストプレスを交互に行います。バーベルの時間が短いのでここはインクリーズ。またもやプレートが必要になります。

バーベル時とプレート時の動きがシンクロしてるのがおもしろいです。
細かいのチョコチョコやる動きが多くてねちっこいです。

ラストはヒザ付きで勢いよく起き上がるパワープッシュアップ。
コレ、いまだに効かせ方がよくわかりません。そんなやまぴーみたいな人は、やはりインクリーズがオススメです。

04.[BACK & LEGS]について

04.[BACK & LEGS] I Don’t Wanna Live Forever vs. Forever Young / Zayn & Taylor Swift & Alphaville

ウェイトファクター:ノーマル
プレート:片手用2枚

パワークリーンからのショルダープレス、そしてデッドリフト&デッドローの定番コリオが登場。

注目はプレートを2枚持って行うリバースフライ。JUL18ではこれを片足で行います。
ヨガやセンタジーでいうところのフライングウォーリアをプレート持ってやる感じです。

ある意味、パワーヨガですね。

なお使用曲がどちらも”Forever”つながりでシャレが効いてます。Zaynを歌うときは原曲通り気持ち悪いほどの裏声で歌うのがオススメです。

05.[TRICEPS]について

05.[TRICEPS] 9 to 5 / Dolly Parton

ウェイトファクター:バーベルなし
プレート:両手用1枚と片手用2枚

バーベル君はちょっと休憩タイム。プレートと自重の時間です。
まずは台に横向きに座ってプレート2枚持ってトライセプスキックバック。

トライセプスキックバック

これキッツいよね。油断してるとツラくてどんどん背筋が曲がってきます。

お次は正面を向いて座って自重でのリバースプッシュアップ。
追い込みたい人はヒザを伸ばしてトライです。トライセプスだけに(爆笑)。

続いて大プレート1枚持って立ち上がってエクステンション。
曲名は”9 to 5″ですが、我々は9時と12時の方向へプレートを動かします。

エクステンション

ラストは床に手をついて、ワキを締めてトライセプスプッシュアップ。

いろいろな方向を向いて三頭筋をひたすらイジメて、いや喜ばせていきます。

なお、今回の曲はファイトのときにあった「アーユーレディ?」の掛け声は入ってません。
うっかり叫ぶと「元気のいいヤツがいるな」と思われちゃいます。

06.[BICEPS]について

06.[BICEPS] Power / Little Mix feat. Stormzy

ウェイトファクター:ノーマル

まずは普段と逆にバーベルを持ってリバースカール。

リバースカール

疲れてくると手首がネコちゃんになってきます。
ダメだ、お前は虎になるんだ。

その後は持ち方を変えて通常のバイセプスカール。
バーベルを置いてるヒマはないので、太ももを上手く使って持ち手を変えましょう。

その後はデッドローと持ち手が逆になるバイセプスロー。

バイセプスロー

逆の型が2つもあるとは、けっこうロックなコリオかも。

こちらも原曲と同じくらいの高音で歌うと気持ち悪くていい感じです
JUL18は高音が多いな。

07.[MORE LEGS]について

07.[MORE LEGS] Heavy / Linkin Park feat. Kiiara

ウェイトファクター:バーベルなし
プレート:両手用1枚

まずはスクワットの姿勢から片足を上げるニーアップ。
そこから上げた足を後ろにクロスするクロスオーバーランジの動きが加わります。
なんかグループブラストでよくやってるような動きです。

お次は大プレートを持ってのランジ。
こちらはグループコアの動きっぽいですが、パワーとコアで似てる動きは山ほどあるのでスルー。

最後は台に片足乗せたスクワットの姿勢からジャンプ。
うん、これは完全にブラストの動きですね。この曲だけはオレンジの服着てもいいかも。

08.[SHOULDERS]について

08.[SHOULDERS] Ain’t No Party Like This / The Real Booty Babes

ウェイトファクター:バーベルなし
プレート:両手用1枚と片手用2枚

やっぱショルダーの選曲はいつもいいなあ。ツボすぎる。

まずは片手用プレートを持ってブランとした両腕を90度の高さまで上げます。ふしぎなおどりする敵と同じ角度まです。

パペットマン

そこからそのまま水平まで持ち上げて、また90度に戻してから下ろします。
この動きはかなりキビしい!しかも途中からは3回連続でやったりします。

そのあとで両手で大プレート持って、勢いよく半周分だけ上下に振り回します。
途中でプレートがスッポ抜けないかドキドキです。

09.[CORE]について

09.[CORE] Feel It Still / Portugal. The Man

まずは四つん這いになって対角の片手片足を浮かせます。

テーブルトップ

で、そのまま浮かせた手と足を外側へ開きます。

テーブルトップ

うーん、疲れた全身に効きますね。おかげでグラグラしますよ。

そのほかは腹筋。
全体的にグループセンタジーっぽい動きが多かったです。

10.[STRETCH]について

10.[STRETCH] Grace / Rag ‘N’ Bone Man

まずはステップ台に横向きに。

横たわるオダリスク

そこから、上の足首をお尻へ寄せてもも前のストレッチ。

さらに、JUL18ではいろんなプログラムでお目にかかる。4の字ストレッチも。

ヒップのストレッチ

さらに足は4の字で上体はツイスト、なんて動きも登場。

その後は立ちあがっていつものクールダウンです。

※今後も追加情報を随時更新していきます。

参加した店舗のレッスン

グループパワーJUL18は、以下のレッスンで体験しました。
(※随時更新)

メガロス立川店北館
寺嶋航平コーチ

◆JUL18シリーズ感想とポイントまとめ






JUL18全体のまとめページ↓

◆MOSSAグループ系使用曲動画や情報などはこちら
グループファイト/キック[GROUP FIGHT/KICK]
グループパワー[GROUP POWER]
グループセンタジー[GROUP CENTERGY]
グループブラスト/ステップ[GROUP BLAST/STEP]
グループグルーヴ[GROUP GROOVE]
グループアクティブ[GROUP ACTIVE]
グループコア[GROUP CORE]
グループライド[GROUP RIDE]
R30[R30]
バイパーワークアウト/ムーブ[ViPR WORKOUT/MOVE]

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク