グループブラストAPR18を体験した感想とポイント [GROUP BLAST APR18]

グループブラストAPR18

こんにちは、やまぴーです。

グループブラスト馬鹿のステッパーさんたち、APR18はもう体験されましたか?
このページでは、やまぴーがAPR18を体験した感想やポイントをまとめます。

なお、今シーズンより、新曲体験の感想はひとつの記事にまとめます。
ってことで、このページは随時更新していきます
良かったら何度か読んでください。

(最終更新日:6/19)更新箇所は青字にしてます。

APR18全体のまとめページはこちら↓

初日の体験談はこちら↓

グループブラストAPR18使用曲リスト

グループブラストAPR18予告動画紹介はこちら

GROUP BLAST APR18 TRACK LISTING
01.[WARM-UP] There’s Nothing Holdin’ Me Back / Shawn Mendes
02.[SKILLS] Down / Fifth Harmony feat. Gucci Mane
03.[CARDIO PUSH] Moving On Up / M People
04.[STRENGTH] Get Ready For This / 2 Unlimited
05.[CARDIO SURGE] Attention / Charlie Puth
06.[AGILITY] Rise / Sixx:A.M.
07.[INTEGRATION] Cheap Thrills vs. Africa / Sia & Toto
08.[CARDIO BLAST] Keep On Loving You / REO Speedwagon
09.[CONDITIONING] What We Live For / American Authors
10.[MOBILITY] Rise Up / Andra Day
11.[BONUS CARDIO SURGE] Swish Swish / Katy Perry feat. Nicki Minaj
12.[BONUS INTEGRATION] Warrior / Havana Brown

グループブラストAPR18使用曲・動画・コリオリストはこちら

2 グループブラストAPR18の感想

真新しい動きはほぼありませんが、キツめのコリオぞろいで今回もなかなか汗かけます。
また、やまぴー的にはおなじみのコリオがいつもより早く登場している感じがします。たとえば、ストラドルが1曲目から登場、2曲目にはアクロス&シャッフルが登場して、なんだか前倒し感満載です。

今回のテーマである「ローテーション」もちょくちょく登場。5曲目や6曲目なんてあざといぐらいにひねってます。

以下、各曲ごとの感想やポイントです。

01.[WARM-UP]について

最近の流行りなのか、今回もステップ台に片足を乗せるスプリットウォークからスタート。
今回は斜め前方向に進みます。

そのあとは、カカトにお尻をつけるように足を上げるレッグカールと、シンプルな左右移動のラテラルステップ。エアロっぽい動きですね。

そして今回ははじめからまたいで上がってのストラドルが登場。しかも3回も!
なんて初心者泣かせな。ブラスト始めたばかりのやまぴーなら泣いてますよ。

APR18の3回連続ストラドルは、3回目に床に両足をついたときにそのまま大股で後ろに下がるパターンと、通常どおりステップ台に上がって後ろから下りるパターンと2つあります。
ウォームアップは大股で後退バージョンです。

02.[SKILLS]について

目玉はなんといってもゆっくりのペースで行うリズムラン。「ダウン」歌詞に合わせてステップ台を飛び越えます。
せっかく歌詞がかわいいのでダウンダウンやってるときはかわいいポーズしてもいいですね。

かわいいポーズ

曲調はかわいいけど、腰を落としたまま&正面を向いたままの横移動はそれなりに効きます。

まだスキルだというのに、アクロス&シャッフルも登場します。APR18のキツさが、早くも片鱗を見せています。

キツい代わりか、コリオ自体はそんなに難しくないです。

03.[CARDIO PUSH]について

リアクションスクワットでステップ台を行ったり来たり、さらに歩幅を狭くしたナロージャンプスクワットでもステップ台を行ったり来たり。
まさしくプッシュしまくりです。
ステップ台をジグザグするスクワットは、最後にステップ台についた足のヒザを上げてから後ろに下がるのがポイント。うっかり反対側に跳んじゃったときの恥ずかしさといったらもう。

グループグルーヴでもAPR18ではヒザを上げて動くコリオが登場します。が、ただの偶然でしょう。

おなじみのパワーニーも登場しますので、なりきりマリオでお願いします。

04.[STRENGTH]について

なんかこのコリオって、JUL17の8曲目でもあったような。っていうか歌ってる奴も同じ”2 Unlimited”で紛らわしいったらありゃしません。

片足を台に乗せたスクワットからのコリオも、ラストがスケーターかと思ったら斜めを向いたクラウチだっていうから紛らわしいったらありゃしません。

グループブラストAPR18

っていうかソレもう同じでしょ。今回のテーマが「ローテーション」だからクラウチにしたんじゃないの?って思ってます。

ただ、動き自体は正面を向いたり横を向いたり動きが激しくて楽しいです。腰を落としたままやるとかなりキツい。

ブラストではおなじみの、クラウチと横を向いてのスクワットのコンビも登場します。足を上げているときはゆっくり動かすとベテランっぽさが出せますね。

コリオ自体は真新しくないですが、今回はずっと腰を落としてる感じがしてかなりキツいです。

05.[CARDIO SURGE]について

一度ニーして3歩後ろに下がってからの、上体をひねってのローテーション。ひねる方向は下がっている方向と同じ。右後ろに下がってるときは右を向きます。
うっかり間違えるとスタジオの全員と目が合ってしまいます。

みんなが見ている

寸劇好きはあえてソッチを見るけどね。
柏の西河さんはローテーションにぶりっ子ポーズを採用。ローテーションとぶりっ子の手は相性いいな。

セクシー

コリオ自体はシンプルだけど、「アクロス&前ジャンプ」と「アクロス&シャッフル」というキツいコリオしか用意されてません。うひぃ。

途中でお休みとして、のんびりアクロス移動があります。でも何度かやってると次にキツいコリオが待ってるのが分かって心が休まりません。ジェットコースターで上ってるときみたいな気分です。

キメのポーズはぜひボーリングを投げるポーズで。

ボーリング

西河さんがそういうポーズやってました。DVDでやってるのかな?と思って聞いたら、「いや全然。わたしがやりたかったんです」と素敵すぎる回答をいただきました。そんなこと言われたら、もうやるしかないっすよ。

06.[AGILITY]について

ここでもあざといローテーションが登場。前3歩ラン&後3歩バックランで、後ろランの3歩目に後ろへクルリと。
ここも忘れちゃうとみんなと目が合う危険があります。

ダッシュ&ストップにローテーションまで加わってなかなか難易度高いですが、ピタッと止まれると気持ちいいですね。例えるなら「だるまさんが転んだ!」って言われていきなりストップするみたいな。

ジャンプあったり3連続ストラドルあったりでかなりキツいです。4曲目からの流れが本当にキツい。

高速で片足マンボステップやってるような動きや左右にホップする動きもあって大いそがし。左右ホップは横の距離より、山なりに高く跳ぶことが重要です。

ちなみに、やまぴーはまだアジリティをステップ台有りでやってないので、正確な評価はわからないところです。

リーボックのステップ台め…
いや、台に罪はないな。

07.[INTEGRATION]について

ステップ台に乗ってからスタート。

上り下りやヒップエクステンションなどよくある動きですが、台に乗ってのスタートで順番が逆になります。要するに、上り下りじゃなくて下り上りになります。ハマると通常の流れに戻れなくなるので要注意です。

バランスを鍛えるコリオとしては、定番の片ヒザを上げたニーリフトから、

ハイニーラン

上げた足をそのまま後ろへ伸ばすデッドリフト。

デッドリフト

またクロスオーバーランジから「シングルレッグラテラルヒップアダクション」という下を噛みそうな動きに移行。グループセンタジー風に言えば「スターポーズ」です。

しかし、立川の一宮さんはここでなぜかシュートポーズ。

あ!俺たちがシュートを止めるのか!

ゴールキーパー

その発想はなかったわ。

てかグループファイトではバスケあったり、MOSSAの球技進出プロジェクトでもあるのかな。

08.[CARDIO BLAST]について

JAN18に続いて今回もサーキット形式。低負荷から高負荷へ変わる6つの試練に挑戦します。

・アクロス 前ジャンプ
・ダイアゴナルバーピー
(足を斜め後ろに出すバーピー)
・トランスバースホップ ジャンプ
・リアクションスクワット
・腰から下をデコイターン ジャック
・ラテラルホップ ハイニーラン

やまぴーはダイアゴナルバーピーがブレイクダンスっぽくて好きです。(ブラストのブレイクじゃないよ)

腰から下だけ回すターンも好きです。上体固定して下半身をどこまでひねれるか。新曲シーズンの課題です。

ただ、ぶっちゃけ前のJAN18と比べると、曲もコリオも前回のほうがよかったかな。

前ジャンプやリアクションスクワットを大きく動くためには、前後左右のスペースが必要です。混んでるときはそれ以外の試練を頑張りましょう。ジャンプとかハイニーランとか。
ブラストって、けっきょくステップ台使わない動きが一番キツいです。

09.[CONDITIONING]について

クマさんの歩きを模したベアクロールが登場。

クマの歩き

姿勢と動きを正しくしないと、身体に効かせるのが難しい初心者泣かせのコリオです。
腕立ても腹筋も自転車乗りもある定番的なコンディショニングですね。

10.[MOBILITY]について

ブラストらしい、足回りのストレッチが揃ったナイスなクールダウンだと思います。
ステップ台の左側からはじまって右側に移動していく流れもナイスです。

また更新していきます!

参加した店舗のレッスン

グループブラストAPR18は、以下のレッスンで体験しました。
(※随時更新)

2018/05/26 メガロス立川店北館
一宮純子コーチ
→初日からネタをブッ込んでくれるあたりがさすがJGBです。

2018/05/30 メガロス三鷹店
小松明日美コーチ
→説明が超詳しくて動きの名前いっぱい覚えられました。

2018/06/02 メガロス調布店
熱海美季コーチ
→ちょっとやらかしてたけど一生懸命でよかったです。

2018/06/07 メガロス柏店
西河かおるコーチ
→柏店へ初遠征。キュー(指示)出しわかりやすいし、オリジナルまでブッ込んでました。

◆APR18シリーズ感想とポイントまとめ





◆MOSSAグループ系使用曲動画や情報などはこちら
グループファイト/キック[GROUP FIGHT/KICK]
グループパワー[GROUP POWER]
グループセンタジー[GROUP CENTERGY]
グループブラスト/ステップ[GROUP BLAST/STEP]
グループグルーヴ[GROUP GROOVE]
グループアクティブ[GROUP ACTIVE]
グループコア[GROUP CORE]
グループライド[GROUP RIDE]
R30[R30]
バイパーワークアウト/ムーブ[ViPR WORKOUT/MOVE]

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク