グループコアAPR18を体験した感想とポイント [GROUP CORE APR18]

グループコアAPR18

こんにちは、やまぴーです。

グループコア大好きな諸君、APR18はもう体験されましたか?
このページでは、やまぴーがAPR18を体験した感想やポイントをまとめます。

なお、今シーズンより、新曲体験の感想はひとつの記事にまとめます。
ってことで、このページは更新するかも。

良かったら何度か読んでください。

APR18全体のまとめページはこちら↓

グループコアAPR18使用曲リスト

Group Core APR18 Trailer

GROUP CORE APR18 TRACK LISTING
01.[CorePREP] Slow Hands / Niall Horan
02.[CoreMAX] Fuel (Gasoline Mix) / TNT aka Technoboy ‘N’ Tuneboy
03.[CoreINTEGRATION] The Cure / Lady Gaga
04.[CoreSTABILITY] Shut ‘Em Down / Public Enemy
05.[CoreMOBILITY] Pause / Ride / Pitbull / twenty one pilots
06.[STRETCHES]
07.[BONUS COREMAX(2)] Loud And Proud / Brooklyn Bounce
08.[BONUS CORE INTEGRATIONY(3)] Know No Better / Major Lazer feat. Travis Scott, Camilla Capello & Quavo

グループコアAPR18使用曲・動画・コリオリストはこちら

グループコアAPR18の感想

APR18も静的&動的にコア(体幹)に効かせる動きが揃ってます。
目玉はやっぱヒップリフトですかね。
MOSSA共通のテーマであるローテーションも、ゆっくりのサイドランジからプレートをブンブン振り回しながらのロシアンツイストまで、いい感じで揃ってます。
動きの変化もあって30分があっという間です。

どうでもいいですが、最近は4曲目の時点で腹筋祭りに突入してること多くないですか?お腹がよじれて大変です。

以下、各曲ごとの感想やポイントです。

01.[CorePREP]について

タオルを首に巻いてのスタートというのはグループコアならではですね。

タオル

あ、ごめん。服は着たほうがいいな。

まずは片足を横に出してのラテラルランジと、片足を斜め後ろに出してのトランスバーススクワット。

そして首のタオルを両手に持ってタオルスクワット。
お尻を下げたときに両手でピンと張ったタオルを上に。
こちらは、「オーバーヘッド」と呼ばれる動きのとおり、頭の真上までタオルを持ち上げます。

ラストはステップ台に両手をついて、プランクの状態から両足をちょっと両手のほうへ近づけながら開きます。
まだ1曲目なので、あんまりガッツリ足を動かさなくてもOKです。
控えめなバーピーちゃんのイメージです。

02.[CoreMAX]について

いつもながら最大の山場のコアマックス。

まずは先ほどの控えめバーピーちゃんではなく、両足をガッツリ両手のほうへ近づける肉食系バーピーちゃん。

バーピー

ただし、上体は起こさず両足をひたすら前後移動させるのでなんちゃってバーピーちゃんではあります。

ただし、安心してはいけません。
お次はそのままプランクの姿勢から両足を駆けだすマウンテンクライマー。

マウンテンクライマー

死ぬ気で雑巾がけしてください。

お次は台に仰向けになって片足とお尻を一緒に持ち上げるヒップリフト。

ヒップリフト

APR18はこの後ですごいヒップリフトが待ってますので、今のうちからお尻を上げ慣らしておいてください。

ヒップリフトの後はプレートを持って左右へ上体をひねってオブリックカール、別名「ロシアンツイスト」が待ってます(予告動画0:41あたり)。

グループコアAPR18キャプチャ

予告動画(Trailer)の兄ちゃんは「I LOVE IT!」などと叫んでます。とんだドМ野郎です。
プレートは思いっきり振った方が逆にツイストしやすいです。

ロシアンツイストがようやく終了!
と思ったら休む間もなくプレート持ったまま立ち上がってのスクワット。
さらに、プレートを上下しながら片足を後ろに下げてのランジとスクワット。
さらにさらに、プレートを上下しながら両足を開閉してのジャックとスクワット。

もうこのままストレッチに入ってもいいんじゃないかと思えるクライマックス感を存分に味わえます。

03.[CoreINTEGRATION]について

まずはバランストレーニング。あんまり重くないプレートを持って片足を後ろへ持ち上げるデッドリフト。

グループコアAPR18キャプチャ

途中からは後ろに伸ばした足をそのまま前方に持ってきて片足立ち(予告動画0:27あたり)。

お次は床に仰向けになって本日2回目のヒップリフト。
ですが、2回目は勢いが違います。
さっきは片足とお尻を上げてましたが、今度はお腹から下は全部持ち上げるイメージです。
もはやヒップがリフトしてるとかの次元じゃねえぞコリャ、って感じです。
例えるなら、ジャーマンスープレックス食らったときぐらいの持ち上げっぷりです。

ジャーマンスープレックス

しかも曲が終わるまで連続ジャーマン地獄。
ただ、キツっていうよりは笑える光景です。

04.[CoreSTABILITY]について

横に寝そべった状態からゆっくり体を起こしつつサイドホバー。

サイドホバー

そしてまた横に寝そべって…、の繰り返しです。
横に寝そべってるポーズが、日曜日のお父さんみたいというか、なんともお間抜けなポーズで微笑ましいです。

日曜日のお父さん

サイドホバーのあとは、両ヒジをついてホバーの姿勢でストップ。

ホバー

けっこう長い間ホバーします。ひたすら忍耐の時間です。

八王子の雨宮さんは、ホバーしてる会員をめっちゃ微笑ましい眼差しで見てました。

スマイル

まるで自分が植えた花の生長を見守るような眼差しというか、底値で買った仮想通貨が順調に値上がりしているチャートを見ている眼差しというか。

かと思ったら、曲に合わせて「ホーデ!」の掛け声も忘れず。さすがです。

ホバーはその後、つま先を動かしながら身体を前後させるという、地味ながら体幹には効く動きが追加されます。

ホバーから解放されたのも束の間、今度は台に仰向けになり、でっかいプレートを持ちながら交互に足を伸ばすバイシクル。
しかもプレートと伸ばす足は対角線上に遠ざけるという凶悪な仕様になってます。

次の曲で腹筋やるのに、ここでこんなに腹筋させてどうするつもりでしょうか。
そういうサービスは勘弁ですよもう。

05.[CoreMOBILITY]について

はい、いつもながらの腹筋カーニバルです。

今回は「カールコンボ」と言われる正面2回、右にひねって2回、左にひねって2回、ポーズ、という動きが登場します(予告動画0:11あたり)。

グループコアAPR18キャプチャ

「ポーズ」の部分が曲と合ってるところがニクいですね。でもタオルから重いプレートに変わったときは、もう考えてる余裕ありません。

左右交互の連続オブリックになったときには、腕が潰れるのが先か、それとも腹が潰れるのが先か、それとも心が折れるのが先か、のデッドレースに突入です。

軽快な音楽とは裏腹に、かなりキツい構成になってます。

06.[STRETCHES]について

原曲がわかりませんが、南の島で陽気にアロハな音楽でした。
お尻を持ち上げたり、足を交差させてストレッチしたり。

あっという間の30分でした。

※また新しい情報ゲットしたら更新します。

参加した店舗のレッスン

グループコアAPR18は、以下のレッスンで体験しました。
(※随時更新)

2018/05/31 メガロス八王子店
雨宮詩歩コーチ

2018/06/23 メガロス本八幡店
後藤浩友樹コーチ

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク