グループセンタジーAPR18を体験した感想とポイント [GROUP CENTERGY APR18]

グループセンタジーAPR18

こんにちは、やまぴーです。

グループセンタジー大好きなみなさん、APR18はもう体験されましたか?
このページでは、やまぴーがAPR18を体験した感想やポイントをまとめます。

なお、今シーズンより、新曲体験の感想はひとつの記事にまとめます。
ってことで、このページは随時更新していきます。
良かったら何度か読んでください。

(最終更新日:6/17)更新箇所は青字にしてます。

APR18全体のまとめページはこちら↓

初日の体験談はこちら↓

グループセンタジーAPR18使用曲リスト

Group Centergy APR18 Trailer

グループセンタジーAPR18予告動画紹介はこちら

GROUP CENTERGY APR18 TRACK LISTING
01.[FOCUS] Never Give Up / Sia
02.[SALUTATIONS] Over And Over / Goo Goo Dolls
03.[CHALLENGE] Believer / Imagine Dragons
04.[BALANCE] Smells Like Teen Spirit / Sofia Karlberg
05.[CORE BACK] When Loves Comes To Town / U2 & B.B. King
06.[CORE FRONT] 9 to 5 / Dolly Parton
07.[HIPS] Man In The Mirror / James Morrison
08.[SPIRALS] Skin / Rag’n’Bone Man
09.[FOLDS] More Than Words / Extreme
10.[RESTORE] Prussian Violet / Aux Frontiers
11.[BONUS CORE BACK] Faith / George Michael
12.[BONUS CORE FRONT] Like Tomorrow Never Comes / Colbie Caillat
13.[BONUS ALT Salutations] Something In The Way You Move / Ellie Goulding

グループセンタジーAPR18使用曲・動画リストはこちら

グループセンタジーAPR18の感想

今回のMOSSA全体のテーマである「ローテーション」。
普段からひねる動きの多いグループセンタジーに、今回は各所にワイドランジからのローテーションが追加され、さらにひねってる感が増量です。

ローテーション

動きのスピードはゆっくりですが、その分ひとつひとつの動きをジワジワ体験してる感あります。
ただし全体の強度はそこまで高くなく、自分で調節のできるいいレベルだと思います。
やまぴー的に鬼門の3~6曲目までも、そこまでキツくはないです。
いや、嘘です。6曲目のコアフロントが死ぬほどキツいです。初回はどういう勘違いをしてたのでしょうか。シザースに斬り殺されそうです。

以下、各曲ごとの感想やポイントです。

01.[FOCUS]について

両足を閉じた姿勢でのスクワットが基本。
ここから片足を後ろに引いてのランジや、片足を横に出してのサイドステップ(サイドランジ)に移行します。一曲目だけはマットから横にはみ出す動作があるので、隣の人と近い場合は前後にずれるいいですね。

APR18のテーマであるローテーションもワイドランジの姿勢から登場。
目線を伸ばした指先へ向けて胸元を大きく開くと気持ちいいです。ローテーション後は軽く腰を上下にバウンス。この後もたくさんローテーションするから、よくほぐした方がいいです。

どうでもいいけど、シーアの曲が良すぎます。ネバギバ感が超出てるので心が折れそうな3曲目や6曲目で使っても良かったかも。

02.[SALUTATIONS]について

けっこうキツいです。
ワイドランジからのローテーション、まではフォーカスと一緒ですが、ここからスリーレッグドッグ

スリーレッグドッグ

からの、伸ばした足を腕の間において上体を起こしてのサンウォーリア

サンウォーリア

この動作がけっこう効きます。

そのあとは、ダメ押しのようにウォーリアワンも登場。

戦士のポーズ1

サルテーションからけっこう飛ばしてます。
ただ、あとの曲がそこまでキツくないから頑張るものアリです。

ウォーリアワンやツーへ移行するために片足を大きく前方に移動させますが、このとき一度ヒザをお腹に引き寄せてから足を出してみてください。足が前に出しやすくなります。

03.[CHALLENGE]について

いきなり登場するスクワットとイマジン・ドラゴンズの曲が緊張感を高めてくれます。

ヨガスクワット

いや、上の写真ほどしゃがめませんけど。

スクワットから片手と片足を下げのランジも登場します。

そこからはおなじみのウォーリアツー。APR18では途中で両手の手の平を上にして、後ろを向き、後ろの手をお腹まわりにからめます。

グループセンタジーAPR18

ぶっちゃけ、お腹にからめる意味はよくわかりません。

ただ、曲のタイミングに合わせて後ろを向く動作は超いいですね。
みんなで一斉に同じ方向へクルッと。

同じ方向

後半でもアングルポーズから、曲に合わせてヒジの支えを外す動きが最高です。

サイドアングル

ただ、そこから下げた手を上げてる手と同じ方向に伸ばすのは、けっこうシンドイですね。
疲れてくると上体がうつ伏せ気味になってくるので、気合入れて胸を開きましょう。

04.[BALANCE]について

まずは定番のパラレルツリーでスタート。

ツリーポーズ

そこから、アシンメトリーランジという、両手を斜め下に向けたランジの姿勢に入ります。名前は変わっってますが、ポーズはそんなに変わってないです。

そこからウォーリアスリー(フライングウォーリア)と

戦士のポーズ3

ニーリフト(片足立ち)のポーズを行ったり来たり。
今回のウォーリアスリーのポイントは立ってる足のヒザを少し曲げることです。また、ひとつひとつの動作をきめるのも大事ですが、流れるように一連の動きをこなすのも大切です。

いつものバランスよりは難しくないと思います。

05.[CORE BACK]について

うつ伏せ、バックエクステンションの状態から平泳ぎのように腕を回すおなじみのコリオからスタート。

バックエクステンション

今回の目玉は、プランクの状態からの両ヒザをついたテーブルトップの姿勢、からのヒザを少し浮かせたフローティングニーの姿勢。

フローティングニー

ヒザをちょっと浮かせて、地面に着けて、を交互に繰り返します。
後半はヒザを浮かせた状態から、片足を後ろへ下げます。

レッグリフト

この後ろ足、けっこう頑張ってスリーレッグドッグみたいに上げる必要はないです。インパクトは上ではなく後ろを意識して足を出しましょう。

06.[CORE FRONT]について

キュートな曲とエグい腹筋コンボ、センタジーあるあるです。APR18もそれです。
ヒザ立てから片足を上げた姿勢から、身体を斜めに起こすオブリックカールでスタート。
途中からは、正面に上体を起こす、立てた足と床に着いた足を2回入れ替える、上体を倒す、と腹トレと脳トレが同時にできそうな動きになります。

さらに後半は、曲げている足を伸ばしてシザースの状態になったり、

頭を上げて足を入れ替えているときに、足の間で一回クラップ(手拍子)したり。
ロックダンスというダンスでは、よく足の間でクラップしますがそんな感じです。

ロックステディ

一番左の写真みたいな感じです。

相変わらずキツいですが、やれないレベルではないかな。

ごめんウソ、凶悪レベルでした。序盤はまだいいとして、両足を伸ばしたシザースパートからはマジキツいです。曲は相変わらず可愛いのに、スタジオからどんどん笑顔が消えていき、代わりにうめき声が聞こえてきます。

新曲終わるまでには両足浮かせるシザースができるようになりたい…

07.[HIPS]について

APR18の定番のワイドランジからローテーションがここでも登場。
ここのローテーションは特にゆっくりで、一度しっかりと斜め下に腕を差し込み、差し込んだまま胸を横へ開いていきます。胸が開ききったところで、ようやく腕が天井を向くぐらいのリズム。こうすると腕だけでなく体幹から回旋できて気持ちいいです。

ローテーション後は、そのまま前の足を曲げてスワンポーズへ移行します。

スワンポーズ

上体を寝かせて起こしたあとは、後ろの足をそのままグルリと回して前方へ。
片方のくるぶしを片方のヒザの上に乗せるアンクルニーも登場。
あぐらをかく姿に似てます。

アンクルニー

正直、このポーズがどこに効くのか何回やっても全然わかりません。
やり方を間違えてるのかな?

定番のМ字開脚からヒザを左右に交互に倒すナインティナインティも登場します。

08.[SPIRALS]について

スパイラルといえば、もともとひねりの動作がメインのパート。
今回のテーマがローテーションだから、さぞかしすげえポーズが登場……と思ったら、意外と普通のコリオでした。

片足を曲げたハーフスティックポーズからの前屈。

片足前屈

このまま上体を起こして上体をひねってのローテション。

グループセンタジーAPR18

また定番の足を絡めたツイストも登場。

コレをセンタジーでなんて言うのかいまだにわからない…

ヒップスで出てきたナインティナインティも再登場します。

ここのポイントはツイストとナインティナインティへの移行するとき。スローモーションでゆっくりと足を組み替えます。バランスをとるために地味にコア(体幹)が刺激されます。

09.[FOLDS]について

まずは仰向けのから片足を寄せてモモのストレッチ。

ハムストリングスのストレッチ

その後、片方の手を床につけて伸ばしてる足と曲げた足の両方を開きます。意外とバランスが必要です。

そこから、両足を「く」の字に絡めて倒します。

インターナルローテーション

反対側も足を絡めて「氷の微笑」な感じです。

あとは、ノーマルな前屈と開脚してのサイドストレッチ&開脚前屈です。

10.[RESTORE]について

MOSSAプログラム史上、もっとも至福の時間です。

異論はないはず。

※また新しい情報ゲットしたら更新します。

参加した店舗のレッスン

グループセンタジーAPR18は、以下のレッスンで体験しました。
(※随時更新)

2018/05/30 メガロス立川店北館
山口舞コーチ
→解禁初日にお世話になってる舞さん。初日からノーミスでわかりやすかったです。

2018/05/30 メガロス調布店
風間祐一郎コーチ
→新人さんなので余計なトークはなし。その分しっかり説明あって良かったです。

2018/06/11 メガロス調布店
天野陽司コーチ
→ベテランさんだけど余計なトークはなし。ファイトやパワーのときみたいなジャイアンボイスの歌声もなし。

2018/06/16 メガロス三鷹店
小松明日美コーチ
→何から何までわかりやすかったです。もう「さすが」としか言えません。これで三鷹店のマットが短くなければ文句ナシなんだけどなあ…

◆APR18シリーズ感想とポイントまとめ





◆MOSSAグループ系使用曲動画や情報などはこちら
グループファイト/キック[GROUP FIGHT/KICK]
グループパワー[GROUP POWER]
グループセンタジー[GROUP CENTERGY]
グループブラスト/ステップ[GROUP BLAST/STEP]
グループグルーヴ[GROUP GROOVE]
グループアクティブ[GROUP ACTIVE]
グループコア[GROUP CORE]
グループライド[GROUP RIDE]
R30[R30]
バイパーワークアウト/ムーブ[ViPR WORKOUT/MOVE]

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク