アクションとセクシーと不可解な謎 映画『アトミック・ブロンド』ネタバレあり感想

アトミック・ブロンド

こんにちは、やまぴーです。

本日ご紹介する映画はこちら!

映画『アトミック・ブロンド』予告編

最強の女スパイ、現る。

超豪華なキャスト、スタッフが放つ、スタイリッシュ・スパイアクションです。

まずはあらすじと登場人物紹介、そして感想はネタバレなし/ありの2つです。

あらすじ

舞台は東西冷戦末期の1989年、ベルリンの壁が崩壊直前のドイツ。
1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デビッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ、”サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙いベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?
公式HPより

登場人物/キャスト

ロレーン・ブロートン/シャーリーズ・セロン
アトミック・ブロンド

イギリス秘密情報部MI6のスパイ。本作の主人公。潜入と脱出、そして接近戦のプロ。趣味はケガの回復促進のための氷風呂。この映画の見どころの大半は彼女のアクションセクシーさです。
演じるのは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ワイルド・スピード ICE BREAK」など、数多くの映画でイケてる女を演じまくっているシャーリーズ・セロン。本作でも、スタイリッシュというよりは泥臭いガチンコなファイトを繰り広げます。

デヴィッド・パーシヴァル/ジェームズ・マカヴォイ
アトミック・ブロンド

ベルリンに潜入中のMI6のスパイ。敵なのか味方なのかよく分からなくて観客をやきもきさせる役。
演じるのは「スプリット」「X-MEN」などでおなじみのジェームズ・マカヴォイ。役の幅が広いですが、どの役でも笑顔がちょっとキモいところがいいですね。

デルフィーヌ・ラサール/ソフィア・ブテラ
アトミック・ブロンド

フランス対外治安総局DGSEのスパイ。唐突にはじまる彼女とロレーンのレズシーンはこの映画の見せ場のひとつ。
演じるのは「キングスマン」「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」など最近メキメキ頭角を現しているソフィア・ブテラ
余談ですが、作中のセリフでデルフィーヌが「近くに」という意味で「ニアバイ」と言うシーンがありますが、映画ザ・マミーに出てくるセリフ「セテパイ」に聞こえてしまいました。

※よかったら「ザ・マミー」の感想も↓


スパイグラス/エディ・マーサン
アトミック・ブロンド

東ドイツ国家保安省シュタージのスパイ。ガスコインに最高機密のリストを渡し、西側への亡命を企てた。堅物というキャラクターを利用して、けっこう笑わせてくれるシーンがあります。
演じるのは「シャーロック・ホームズ」「おみおくりの作法」エディ・マーサン

エメット・カーツフェルド/ジョン・グッドマン
アトミック・ブロンド

アメリカ中央情報局CIA主任。事情聴衆に同席し、ローレンに「クソ野郎(Cocksucker)」と毒づかれる。
「キングコング 髑髏島の巨神」「10クローバーフィールドレーン」に出演したジョン・グッドマンが演じます。

※よかったら「キングコング」の感想も↓


エリック・グレイ/トビー・ジョーンズ
アトミック・ブロンド

MI6主任、ローレンの上司。保身主義。
「キャプテン・アメリカ」シリーズ、「ハンガーゲーム」など、一度見たら忘れないキャラクターのトビー・ジョーンズが演じます。

メルケル/ビル・スカルスガルド
アトミック・ブロンド

パーシヴァルのドイツ人協力者。紹介は下のほうですが、作中ではかなり活躍してます。
演じるのは「ダイバージェントFINAL」「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」ビル・スカルスガルド。イケメンだし今後も活躍しそう。

ジェームズ・ガスコイン/サム・ハーグレイブ
MI6のスパイでロレーンの恋人。彼がバクスティンに殺され、最高機密のリストを奪われることから物語は始まります。

ユリ・バクティン/ヨハンネス・ヨハネッソン
ソ連国家保安委員会KGBのスパイ。ガスコインを殺し、最高機密のリストを奪う。

そして監督は、デヴィッド・リーチ
ジョン・ウィック」ではチャド・スタルスキと共同で監督、「デッドプール」の続編でも監督することが決まっているという、一風変わった映画が好きな人間には外せない監督です。

ネタバレなし感想

やまぴーのアトミック・ブロンドの感想を簡単にまとめると、

ストーリーはひとまず、ド派手なアクションスタイリッシュな演出、そして80年代のイカした音楽(とレズシーン)でノリノリになれる映画

です。

とりあえず「スカッと楽しみたい!」と思ってる人にはバッチリな映画です。反対に、サスペンス系の駆け引きやどんでん返しを期待している人には期待ハズレな映画でしょう。

一応、正体不明の二重スパイ「サッチェル」の存在や、ラストのどんでん返しもないことはないですが、まあ想定の範囲内のでしょう。

ストーリーはつなぎ程度で、メインはあくまでアクション(とR15指定のレズシーン)です。

アクションはスタイリッシュというよりも泥臭くて、シャーリーズ・セロンみたいな美女のもたついてる姿が、むしろリアルファイトっぽくて良かったです。

予告動画にも出てくる全編ワンカットで10分間も撃ったり蹴ったり殴られたりする殺し合いのシーンは一見の価値あり。
(※ワンカットではなく、つなぎ合わせみたいでした…)

また、全編を通して流れる80年代の音楽の心地よいこと。銃声打撃音もうまい具合に音楽に乗ってて、目から耳から気持ち良さがどんどん入ってきます。

難しいことを考えずに映画を楽しみたい、と考えている人にはぜひオススメの映画です。ぜひご覧ください。

アトミック・ブロンド

…ひょっとしたら、この感想読んで「逆にけなしてるんじゃないの?」って思う人もいるかもしれませんが、けなしてるつもりは毛頭ないです。
ストーリー薄くてもその他の要素が濃ければそれで十分じゃないですか。

「この料理、インスタ映えがいいだけじゃん」と思うか、
「インスタ映えしてりゃ充分じゃん」と思うかは人それぞれ。

万人受けはしなくとも、楽しめる映画です。

※ここから先は、ネタバレ感想となります。
知りたくない人は戻って!

ネタバレあり感想

さきほど「アクション良ければいいじゃん」って言っといてなんですが、やっぱりストーリーがちょっと薄いのは残念でした。

二重スパイ「サッチェル」の正体が実はロレーンだった!

って言われても、登場人物がそんなに多くないからだいたい見当がついてしまいます。パーシヴァルが二重スパイじゃそのまんまだし。ほかのキャラだと意外というより無理があるし。

最後のどんでん返しの『実はCIAの三重スパイだった!』っていうのも、ああそうなんだ、ぐらいの感想しかありません。
むしろ「実は”コックサッカー”聞こえてたんだ」の方が意外でした。

このあたりのどんでん返しを凝ってくれるとさらに面白い映画になったと思います。

また、やまぴー的にはクスッと笑えるシーンが多くてツボでした。

  • 鍵刺さりっぱなしで戦う男とか(再登場時もちゃんと穴が開いてる)
  • ちょうど背中の両手が届かないところにナイフ刺されて抜けなくて悶絶するところとか
  • ロレーンがすごい頑張って戦ってる横で腹にガムテープ巻いてるスパイグラスとか
  • ロレーンを川に突き落とした男がムチウチを押さえているところとか
  • ラストでベルボーイに扮したメルケルの「やれやれ」な表情とか

それにしてもフランスのスパイ、デルフィーヌの使えないっぷりは凄かった。あんな人材しかいなくて大丈夫かフランス政府。
ソフィア・ブテラは完全にオッパイ出すだけの役でしたね。

アトミック・ブロンド

いや、それで十分か。

最後に、やまぴー的に理解できなかった不可解な謎をひとつ。

機密情報のリストを記憶していたスパイグラスは、ロレーンが二重スパイ「サッチェル」であることも知っていたはず。そしてロレーンが秘密を知っている者を放っておかないことも知っていたはず。

なのになぜロレーンと一緒に西ドイツへ亡命しようとしたのか。
ロレーンがスパイグラスを生かしておくはずありません。

結局、スパイグラスは車ごと川に落とされ、脱出できずに命を落とします。
でも本当は一緒に落ちたロレーンに始末されたのでは?と思ってしまいます。

アトミック・ブロンドのストーリーは、ロレーンが事情聴衆されるという形式で進み、途中でロレーン自身が事実と違ったウソをつくシーンも出てきます。

となると、映画のシーンの一部がロレーンの脚色だったら?

そう考えると、観たあともいろいろ推測できる、ストーリーもしっかりした映画なのかもしれません。

アトミック・ブロンド

映画の冒頭でも言ってますよね

「だが誰も信じるな」

アトミック・ブロンド

『アトミック・ブロンド』
[Atomic Blonde]

キャスト
ロレーン・ブロートン – シャーリーズ・セロン
デヴィッド・パーシヴァル – ジェームズ・マカヴォイ
スパイグラス – エディ・マーサン
エメット・カーツフェルド – ジョン・グッドマン
エリック・グレイ – トビー・ジョーンズ
C – ジェームズ・フォークナー
デルフィーヌ・ラサール – ソフィア・ブテラ
メルケル – ビル・スカルスガルド
ジェームズ・ガスコイン – サム・ハーグレイブ
時計屋 – ティル・シュヴァイガー
ユリ・バクティン – ヨハンネス・ヨハネッソン
アレクサンドル – ローランド・ムーラー

配給 フォーカス・フィーチャーズ、KADOKAWA
製作会社 クローズド・オン・マンデイズ・エンターテインメント、87イレヴン、デンヴァー・アンド・デリラ・プロダクションズ
監督 デヴィッド・リーチ
脚本 カート・ジョンスタッド
原作 アンソニー・ジョンストン&サム・ハート『The Coldest City』
製作 シャーリーズ・セロン、ベス・コノ、ケリー・マコーミック、エリック・ギター、A・J・ディックス、ピーター・シュウェリン
音楽 タイラー・ベイツ
撮影 ジョナサン・セラ
編集 エリザベート・ロナルズ

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク