ダンス発表会について その1 概要からエントリーまで

Yo!Yo!やまぴーです

私事ですが(毎回私事ですが)、やまぴーが通っているスポーツクラブ「メガロス」で7月に開催されるダンス発表会に向けてただいま練習の真っ最中です

ってことで、本日は『ダンス発表会』についてのお話

◆ダンス発表会とは

ダンス

スポーツクラブやダンススクールが会員さんへ普段のダンス練習の成果の発表の場として設けているものが「ダンス発表会」です。ダンスを続けていると多かれ少なかれ誰もが「ダンスを見てもらいたい」と思うものです。
自分のダンスを見てもらう方法としては、「クラブで踊る」とか「ダンスバトルに参加する」とか「ストリートで踊る」とか「YOUTUBEにアップする」とかいろいろありますが、近くに飲むほうのクラブしかなかったり、バトルはさすがにハードルが高かったり、道にぜんぜん人が通らなかったり、アップロードのやり方を知らなかったりする場合は、ダンス発表会がよいお披露目のだと思います。
なお、個人やクラブが主催で広くエントリーを募って開催するスタイルのダンス発表会(というかダンスイベント)もあります。今回はあまり触れませんが。
お子さんのダンス発表会などは本人よりお母さんのほうが気合い入ってたりして見ていてほほえましいですね。いや、子どもの発表会というのはどれもそうですね。

◆参加/エントリーについて

ボールルームへようこそ

ダンス発表会の開催が決まるとスポーツクラブ・ダンススクールから、あるいはレッスンを受けている先生から告知があるので、出たい人はそこでエントリー/申し込みになります。ちなみに発表会に出ることを「○○先生のナンバーに出る」と言ったりします。
なお、出たいと思ったら早めにエントリーしたほうがいいです。というのが、発表会告知と同時に振付の練習に入る先生もいたりして、締め切りギリギリにエントリーして練習に参加してみたら、振付がかなり進んでてあら大変!って場合があります。「出る」と決めたら早めの行動を。ただし、以下の内容ぐらいは確認したほうがいいです。

参加費とその他諸費用

発表会の参加費のほかにも、発表会用のレッスン代やスタジオ使用料、衣装代などいろいろ必要な場合がありますので事前にチェックしないと痛い目に合います。やまぴーは今回の発表会の参加費をチェックせずにエントリーしたら去年の4倍以上の値段になってて今リアルタイムで痛い目にあってます。ざけんなメガロス。

振付(ダンスのジャンル)

可能ならばどんな振付か、少なくともジャンルはチェックしたほうがいいです。特に複数のジャンルのクラスを担当している先生だと、いつもヒップホップ教わってるのに発表会はジャズだった(または逆)という場合もあります。フリースタイルの先生などは特に注意です。

ほかの参加メンバー

こちらも可能ならば事前にチェックしたほうがいいのはご理解いただけるかと。人間関係いろいろですからね。でも後からエントリーされるとどうしうようもないんですけどね。余談ですが、普段レッスン出てない先生のナンバーにいきなり申し込んだりするKYな猛者もいますが、アレってどうなんだろ?

その他、気になることを確認して問題なければレッツ申込みです。

おまけ~チケットノルマについて~

チケット
参加費が「チケットノルマ」という形態の場合もあります。簡単にいうと『3,000円のチケットを5枚売ってください』というもの。ダンスイベントはチケットノルマの場合が多いです。売れればよし、売れない場合は自腹で購入、となります。まわりのダンス仲間に声を掛けてチケット買ってもらうと、今度は逆の場合に買わねばならず、ネットワークビジネスな世界が構築されます。ダンス仲間の突然の連絡はほぼ「チケット買って」だったりしてなんだかなあ、の世界です。

◆振付について

発表会にエントリーしたら発表会用の振付を練習していくことになります。振り付けの難しさは先生次第でいつものレッスン程度だったり、いつもより全然難しかったりと様々です。
発表会で覚える振付は通常レッスンの何倍もあるのでそれだけでも難しいでしょう。ただ、よくレッスン出ていてる先生ほどやはり振り付けも覚えやすいのは確かです。

今回のやまぴーが参加するナンバーの振付は、ニュージャックスイングとブレイクダンスの立ち技がミックスされた感じでした

NEW JACK SWING / D-mc 立教大学ダンスサークル 新歓 2016

ブレイクダンス超入門 初心者も怖いくらい上手に踊れる振り付け講座

ええ?ちょっと難しくない?
去年はもっとゆっくりなダンスだったと思うんですけど…
やまぴーのナンバーの先生はフリースタイルの人だから毎年ジャンル変わって大変です。っていうか上に書いた事前チェックをやらずに痛い目にあってる良い見本ですね。
でも参加メンバーの中には70歳近い人もいるのでアラフォーが泣きごと言ってられないですね。ていうか70歳近い人にブレイキンやらせる先生もどうかと思います。

◆使用曲について

振付と同じく重要なのが使用曲です。ダンスは音楽があってナンボです。発表会の曲は歌詞を(Lyrics)を口ずさめるくらいになるまで聞け、とか言われますが練習期間中ずっと聞くことになるし歌詞に合わせて踊るシーンも出てきますのでいつの間にか覚えちゃったりします。

今回のやまぴーのナンバーの使用曲は下のふたつ。

Bruno Mars – 24K Magic [Official Video]

Pitbull – Greenlight (Official Video) ft. Flo Rida, LunchMoney Lewis

もうどちらもコテコテのイケイケ曲です。曲がコレで振付がアレでもう大変。

予想外に長くなったので続きのネタはまた後日→

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク