突然ダンスレッスンの代講をすることになったら読むブログ

こんにちは!やまぴーですっ!

…ってあいさつをこの前スポーツクラブでやってきました

いや、あいさつならいつもスポーツクラブでやってるんですけど、今回は会員側じゃなく、なんとインストラクター側でのごあいさつです

そうです、こいつらとこの人たちと同じ立場ですね

いやマジで先週末はいきなり代講レッスンやることになって大変だったんです

あんまり大変だったんで、みなさんが突然代講レッスンすることになっても焦らないように今回の出来事をまとめてみました

レッスン代講について

スポーツクラブでスタジオレッスン受けてる人なら一度は代講レッスンを受けたことがあるんじゃないでしょうか

いつものインストラクターさん・先生が諸事情でレッスン行えないときに代わりの先生がするのが代講レッスンです

ちなみにレッスンなので「代行」ではなく「代講」です

「バレエ→ヒップホップ」のようにレッスンの内容が変わる場合は「代替」となります

通常は同じスポーツクラブ内で別の先生が担当することが多いのですが、都合がつかないときは外部のインストラクター(イントラ)さんが来たりもします

で、MOSSAやZUMBAみたいなライセンスが必要なレッスンは別として、ダンスのイントラやるには特に資格が必要なわけじゃないので、紹介さえあればやまぴーみたい馬の骨が代講することもできたりします

あ、断っときますけど普通の代講のイントラさんはちゃんとした人ですよ(多分)

今回は先生の急な諸事情により金曜にお話もらって日曜に本番というスケジュール

実は前に2、3度代講をしたことがあるんですが、そのときは何週間も前から準備してようやくレッスンできた次第です

プロのイントラさんなら問題ないでしょうがやまぴーにとって準備の時間がないのは大問題です

なんですが、頼んでくれた先生はやまぴーにはじめてダンスを教えてくれた先生で、足を向けて寝るどころか影も踏めないぐらいの恩があるので「私でよければ!」と快くお引き受けです

いいんです、昼間のリーマン生活では失踪した同僚の代わりに知らない案件の打合せにディレクターとして参加しろ、とか言われたりしますので不慮の事態には慣れっこです

そう思うとブラックな経験も役立つものですね

先生になる準備

さて、ここから本題の代講の準備に入るわけですが、まずはじめは「振付」を考えます

…といいたいところですが、やまぴーの場合は振付の前に「曲」を決めます

なぜならやまぴーはCDを全然もっていないため、振付を考えた後に曲を探してもテンポに合った曲が見つからなかったりするのです

ってことでまずはじめにレンタル屋へGO

ジャンルとかよくわからないのでいつも最近のヒット曲が詰まってる「EDM-MIX」とか「Party mix」とか借りてます

FESTIVAL EDM MIX 2017 – Best Electro House Festival Anthem Music

でもMIX版は曲のテンポが速すぎて使えないことも多いので、借りる前に視聴コーナーで必ずチェック

曲聞きながら足踏みしてる姿はちょっと恥ずかしい

なお、レッスンではスマホをデッキにつないで曲を流したりする先生も多いですが、たまにスマホがつながらないスタジオもあるので要注意です

そもそもやまぴーはスマホに疎くて曲を入れられないんだけど

CDが決まったら、ようやく振付を考えます

事前に先生からクラスの概要と実際にくる会員さんのタイプを聞いてどんなのがいいかな、と試行錯誤します

久しぶりに自宅のダンスDVDを見たり、YOUTUBEでダンスのチュートリアルを見たりしてると選択肢が多すぎて探せば探すほどどうしたらいいかわからなくなってきます

「船頭多くして船山に登る」とはよく言ったものですね

ってことで大体は自分が直近に出たダンスレッスンの振付アレンジすることが多いです

で、振付決まったら下のような進行表を作ってひとまず完成

・ストレッチ10分
・アイソレーション(首、胸、腰)10分
・リズムトレーニング15分

これで安心して当日を迎えられます

とかいって今回は出発直前まで振付決まらずにアタフタしましたけど

一日だけダンスの先生

ほんでもっていよいよ当日、一日だけの先生です

今日だけは謙遜は逆効果なのでダンスイントラっぽいドヤ顔でいきます

心臓はバクバクですけど

スポーツクラブのスタッフさんにあいさつ済ませたらロッカーで着替え

記念にこっそり一枚

あ、腰のベルトがMOSSAなのに気づかれましたか?

こちらのベルトはかつてのメガロス吉祥寺キャスト、まゆゆが卒業するときに譲り受けた記念の一品です

しかもまゆゆは畑田さん(現千種支配人)から譲り受けたという激レアっぷり

火影の額当てみたいなもんだってばよ

気合の入ったアイテムを身につけたらスタジオ入り

お店側から詳しい説明はないのでスタジオ入ったら「空調・照明・デッキ」の3点セットの操作をチェック

やべ、インカムマイクの音量調整がどこだかわからない…

とかデッキと格闘してると会員さんがスタジオに入ってきます

「よろしくお願いしまぁーす!」

とイントラっぽくテンション高めにごあいさつ

スポーツクラブのひとってみんな声でかいよね

今回の代講クラス、40~60代の会員さんが中心の初心者向けのクラスだったので当日はリズムトレーニングと簡単なステップを中心に行いました

でもね、簡単なステップでも説明しながらだと動くのかなり難しかったりします

加えて、鏡越しに会員さんの動きもチェックしてるともう頭がこんがらがってきます

『踊る』と『説明する』と『チェックする』の3つをいつも当たり前にこなしてるイントラさんってすごいね、尊敬します

そして代講に来てくれた会員さんたち、年齢層高めの人たちでもストリートダンスのクラスに興味持って参加してくれるっていいよね

どの世代でも関係なくダンスを楽しんでる環境っていいっすよ

こういうカルチャーはどんどん広まってほしいと思います

映画『はじまりはヒップホップ』予告編

そんないい感じの雰囲気のなか、自分でも結構いい感じでレッスン進められたんじゃないかと思います

ただひとつだけ、休憩中に会員さんから

「先生、なにか踊ってください」

って言われたときは内心かなりアタフタしたなあ

当日の振付をアレンジしてなんとなく誤魔化しましたが、レッスンでやる以外の動きもいくつか用意しておいた方がいいですね

もし次の機会があったら事前の準備リストに加えておこう

そして当日リクエストされたら、まるで今考えたかのように披露しよっと

いざ始まってみると、あっという間の楽しい代講でした

教える側に回ってみるといろいろと理解深まること多くて勉強になります

代講のお話をしてくれた先生に感謝ですね

そしてレッスン後は自分へのごほうびラーメンッ!

こってり味噌がンまああーい!

てか代講するならもっと身体絞らなきゃと思ってたのにラーメン食べちゃたよ

まあダイエットも次の機会ってことで…

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク