アドセンスポリシー違反について 確認から審査・解除までの手順

アドセンスポリシー違反の確認・審査・解除方法

 

Googleアドセンスを利用している方は知っておいた方がいい『AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート』というメールがあります。

「えッ?自分の記事がアドセンスポリシーに違反してる?」

事情が分からないと、いきなり裁判所から出頭命令書が届いたようにパニクるかもしれません。

しかし、この記事の手順に沿って対応すれば大丈夫です。

ここでは、 『AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート』を受けたときの確認方法と再審査、そして解除までの流れ を説明します。

さらに、「どこがポリシー違反なのか分からない」という人にも、管理人のやまぴーの実例を紹介します。

 

スポンサーリンク

アドセンスポリシー違反とは

現在、ブロガーの多くはGoogleアドセンスを利用してページに広告を掲載しています。そして広告があるということは、広告を出している企業の方々がいます。

広告を出している企業は多くの人に自社のサービスを知ってもらいたいわけですが、
同時に「ちゃんとしたサイトに広告が掲載されているか」も気になります。アダルトサイトに自社広告が掲載されてはイメージダウンです。

そこでGoogleは「広告を掲載しているサイトが健全か」を「アドセンスポリシー」を基にチェックしているのです。そして、違反しているor違反の疑いのあるサイトには『違反レポート』というメールを送り警告します。

メールをもらった時点で、該当ページは広告掲載が制限または停止されています。

メールがきたサイト管理者はメールに従って違反を修正し、再び審査を受けて規制を解除する流れになります。しかし、このメールの内容がけっこう曖昧でわかりづらいです。どこが違反しているのかわからない場合も多いでしょう。(詳しくは、『アドセンスポリシー違反が分からない場合』をご参照ください。)

 

アドセンスポリシー違反の確認方法

アドセンスポリシー違反の確認方法を、キャプチャ画像を使って紹介します。

まず、Googleから『AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート – 対象: pub-XXXXXXXXXXXXXXXX(202X/XX/XX)』というタイトルのメールが届きます。

内容は以下のとおりで、具体的な違反の内容は記載されていません。

アドセンスポリシー違反メール

ここは『AdSenseポリシーセンター』の青文字をクリックしてポリシーセンターへ移動してください。
Googleアドセンスのトップから「アカウント > ポリシーセンター」とクリックしても移動できます。

 

ポリシーセンターのトップページでは、問題のあるサイトと問題のあるページ数が分かります。

アドセンスポリシーセンター

 

問題のあるサイトをクリックすると、
・どのページに問題があるか
・修正の必要性
・問題の種類
・広告配信のステータス
・違反措置の適用日
が分かります。

アドセンスポリシーセンター

まずは、「どのページでどの問題が起こっているのか」を理解しましょう。

 

さらに、問題のあるページを開くと「解消方法」タブと「問題について」タブが確認できます。

「解消方法」のタブでは、どのように対処するかの方法が記載されています。

アドセンスポリシーセンター

方法は大きく分けて二通り。「ページを修正して審査をリクエストする」か「ページを修正せずに広告を外す」かです。修正については、次の『ポリシーセンターへの審査依頼から制限解除まで』で詳しく説明します。

 

「問題について」のタブは、そのページの問題をいちばん詳細に確認することができます。

アドセンスポリシーセンター

ここでは、「アダルトコンテンツ」と「タバコ」の2つが問題になっていることが分かります。

逆にいえば、いちばん詳しくてこの程度の内容です。具体的な箇所までは記載されていません。よって、修正する箇所が分からない場合も多いと思います。(詳しくは、『アドセンスポリシー違反が分からない場合』をご参照ください。)

 

ポリシーセンターへの審査依頼から制限解除まで

ポリシーセンターから指摘された問題箇所を修正した場合は、審査をリクエストすることができます。

アドセンスポリシーセンター

画面下にある「審査をリクエスト」をクリックすると、「審査リクエストフォーム」が開きます。

アドセンスポリシーセンター

ここで「ガイドラインで示されたあらゆる手順を実施したうえで、このページの審査をリクエストします。」のチェックボックスにチェックを入れ、「審査をリクエスト」をクリックします。

これで審査のリクエストは完了です。あとはポリシーセンターの審査を待ち、問題がなければ規制解除のメールが届きます。

アドセンスポリシー違反解除メール

「通常は一週間かそれ以上かかる」と記載されていますが、やまぴーの場合は一日で規制解除されました。Googleさん仕事速いな。

 

また、審査のリクエストについては、「ページに関する問題」の画面で「要修正」となっていないページでも修正してリクエストが可能です。

アドセンスポリシーセンター

やまぴーの場合は、修正しないと一部の広告制限がかかるようだったので、修正して審査リクエストしました。

 

なお、問題としてして指摘されている箇所の修正が難しい、または修正したくないという場合は、そのページの広告配信リクエストを停止しましょう。

この場合、ポリシーセンターへの審査リクエストは不要です。というか、やってはダメです。

 

アドセンスポリシー違反が分からない場合

ほとんどの人が最初に陥るトラップ、それは「どこが問題の箇所かわからない」ことです。

自分は普通の記事を書いて普通の画像をアップしているのに、なぜかGoogleからはアダルトコンテンツ扱いに。
しかも、ポリシーセンターからの指摘が「ソースコードの○行目」とかではなくページ単位というのが拍車をかけてくれます。

ちなみに、今回やまぴーが指摘を受けたページはこの2つ。

上のページに「アダルトコンテンツ」と「タバコ」
下のページに「アダルトコンテンツ」と「サイトの仕様:ナビゲーション」
の問題があるとのこと。

でも、どちらのページもフィットネスエクササイズで使用されている曲とコリオ(振り付け)を紹介しているだけのページです。アダルトやタバコが入り込む余地もありません。

ひょっとして「デスクトップにあるエロ画像をうっかりアップしたのか?」とも思いましたが違いました。

また、エロを連想させる言葉でもあるのかと探してもみました。
筋トレの動作を書いた「お尻を2回後ろに引く」がアウトなのか?とか。
「マンボ」がどこかの方言で卑猥なモノを意味するのか?とか。
どれも違う気がします。

どうにも分からないので似たような事例がないか調べてみると、どうやらAIがポリシーチェックしてることが判明。そしてAIなので前後の脈絡ナシで判断してるっぽい。例えば、おっぱいに似た形のお菓子の写真がアウトになっていたり。

なるほど、そういうことか。

気持ちを新たにもう一度ページを見ると、すぐに分かりました。

アドセンスポリシー違反の画像

中央にあるデカい尻、そして隣りでタバコを吸ってる女。YouTube動画の画像に反応したワケです。

 

そのままもうひとつも簡単に発見。

アドセンスポリシー違反の画像

画面を覆うプリプリしたお尻の数々。これらが違反の正体でした。

うーん、これがアダルトって…と、言いたいことは色々ありますが、とりあえず動画リンク外して審査をリクエスト。すると1日で制限解除されました。

ちなみに、「サイトの仕様:ナビゲーション」というのは、YouTubeのリンク切れ指摘だったみたいです。

 

ということで、ちょっと肌の露出が高い画像や、飲酒や喫煙の画像は前後の脈絡ナシにアウトにされる可能性があるようです。もし問題箇所を探すときは、思春期を迎えた中学生のような気持ちで探すと見つかりやすいでしょう。

 

なお、問題はどこかGoogleにメールで質問するという手段もあります。
しかし、メールサポートを受けるには、「週あたりの収益額が最小要件を継続的に満たしている」という条件があります。

こちらのヘルプセンターのページをクリックしても「お問い合わせ」のボタンがない場合は、残念ながらメールで問い合わせることはできません。

おそらく、かなりの人が無理だと思います。

 

アドセンスポリシー違反まとめ

Googleからアドセンスポリシー違反のメールが来た場合の対応は、以下の二通りです。

広告を再掲載したい場合は…
①アドセンスのポリシーセンターで違反のあるページを確認する。
②問題となっている箇所を修正する。
③ポリシーセンターへ審査をリクエストし、結果を待つ。

該当ページの修正をしたくない場合は…
広告配信リクエストを停止する(審査リクエストはしない)

 

最初は必要以上にビックリしてしまうアドセンスポリシー違反のメール。しかし、意図的に変な記載をしていない限り、ほとんどはAIの誤判断です。

とはいえ、放置すると収益減ですし、さらなるペナルティの恐れもあります。迅速に対応しましょう。

おまけ AIの不安について

今回の件は、「アドセンスポリシーのチェックをAIがやっている」ということを知る良い機会になりました。しかし、精度的にはまだ「う~ん」な感じです。

この調子だと、AIが人間を超える「シンギュラリティ」はまだ先になりそうです。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーに出会える日もまだまだ先ということです。

前後関係ナシでエロの判定をするんじゃ、スケベニンゲン(オランダの地名)に旅行した記事とかカント(哲学者)についての書評とか書けないですよ。マーラー(作曲家)とドビュッシー(作曲家)なんて並べたら完全アウトじゃないですか。そういう記事書きたくなったときはどうすればいいのでしょうか?

あるいは、「今日はこんなトレーニングしました!」とか下のトレーニングメニューをブログにアップしたら、AIが勝手に縦読みしてエロワードを抽出してしまうのでしょうか?

デッドリフト
カーフレイズ
マンボステップ
ランジバック

トレーニング的にも途中でマンボステップやってる意味がわかりませんけど。

 

AIには、もっと人間の性欲について勉強してほしいですね。

 

ブログノウハウ
スポンサーリンク
やまぴーをフォローする
スポンサーリンク
やまぴーのちょっとだけ奇妙な冒険
タイトルとURLをコピーしました