映画『グレイテスト・ショーマン』ペラペラなストーリーとキレキレなミュージカルの強引なハーモニー!(ネタバレあり感想)

グレイテスト・ショーマン

レディース&ジェントルマン、やまぴーです。
本日ご紹介したい映画はこちら!

映画『グレイテスト・ショーマン』予告D

批評家たちからの評価はボロッボロ、
だけど一般客にはドッカンドッカンの大ヒット

映画の中にもそんな展開があったけど偶然かな?

まずはあらすじとキャスト、そして感想はネタバレあり/なしのふたつです。

あらすじ

19世紀半ばのアメリカ。幼なじみの妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)を幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、オンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。
しかしバーナムの型破りなショーには根強い反対派もいた。
祝福になっても社会に認めてもらえない状況に頭を悩ませるバーナムだったが、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見したバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)と出会う。
彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になれる。そう考えたバーナムは、ジェニーのアメリカ・ツアーに全精力をつぎ込むと決め、フィリップに団長の座を譲る。そのフィリップは、一座の花形アン(ゼンデイヤ)との障害の多い恋に悩みながらも、ショーを成功させようと懸命に取り組んだ。
しかし、彼らの行く手には、これまで築き上げてきたものすべてを失いかねない危機が待ち受けていた。(公式HPより)

この映画、かなり展開が早いです。やまぴーは、「ヘンテコ人間を集めてショーを成功させる」という話だと思ってましたが、それはあらすじのはじめの2行で完了しています。はやっ!

その後も展開は早く「え、そんなアッサリ済むの?」と驚くシーンもチラホラ。
さらに「そんなことやったらヤバいよ」ってことやって、ホントにヤバい目に遭います。ベタッ!

詳しくはネタバレ感想にて…

キャスト

P.T.バーナム…ヒュー・ジャックマン

グレイテスト・ショーマン
芝居や音楽が上流階級の人々のものだった時代に、一般市民向けの娯楽を編み出し、ショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。
個性と才能に恵まれながら社会から疎外されている人々をパフォーマーとして迎え入れたショーを考案し、成功させた。幼なじみの妻チャリティと娘たちを愛する良きファミリーマンでもある。
演じるのは、『X-MEN』&『ウルヴァリン』シリーズ、『プレステージ』『レ・ミゼラブル』のヒュー・ジャックマン。

フィリップ・カーライル…ザック・エフロン

グレイテスト・ショーマン
上流階級出身で、ロンドンのステージで大成功した興行師。
P.T.バーナムの斬新なビジネス・スタイルに魅了され、すべてを捨てて相棒になる。空中ブランコ乗りのアンに恋するが、公私とも様々な障害にぶつかる。
演じるのは、『ハイスクール・ミュージカル』『ヘアスプレー』『ウィー・アー・ユア・フレンズ』のザック・エフロン。

チャリティ・バーナム…ミシェル・ウィリアムズ

グレイテスト・ショーマン
P.T.バーナムの幼なじみの妻。
祝福な名家の出身だったが、親の反対を押し切って貧しいバーナムと結婚し、いかなる時も彼を支えた。そんな彼女を幸せにしたいという思いが、バーナムを前に進ませる原動力になった。
演じるのは、『ブロークバック・マウンテン』『マリリン 7日間の恋』『シャッター・アイランド』のミシェル・ウィリアムズ。

ジェニー・リンド…レベッカ・ファーガソン

グレイテスト・ショーマン

バーナムがイギリスで出会うスウェーデン人の歌姫。
彼女の公演を一流プロモーターへの足がかりにしようと考えたバーナムは、破格のギャラを提示してアメリカに招き、ツアーを主催する。
演じるのは、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ガール・オン・ザ・トレイン』『ライフ』のレベッカ・ファーガソン。

アニー・ウィーラー…ゼンデイヤ

グレイテスト・ショーマン
空中ブランコのパフォーマーで、P.T.バーナムの一座のスター。
フィリップ・カーライルと惹かれあうが、人種の違いと住む世界の違いに悩むことになる。
演じるのは、『スパイダーマン:ホームカミング』のゼンデイヤ。

ネタバレなし感想

この映画をひとことでまとめると、

ストーリーはペラッペラ!でもミュージカルはキレッキレ!

評価:★★★☆☆

ミュージカルにフォーカスして観れば傑作映画、でもストーリーに注目すればアイタタタな三流映画。プロ受け悪くて一般受けがいいのもわかります。

ネタバレなし感想パートでは、良かった点を3つご紹介します。

ミュージカルがすごい

グレイテスト・ショーマン

これは当然といえば当然ですね。この映画が面白かったと言ってる人の大半はミュージカルの部分のことを言ってますから。
上の予告動画でもチラチラ見れますが、ミュージカルシーンはマジすごいです。

やまぴーが特にすごいと思ったのはカメラワーク。
酒場でバーナムがフィリップをスカウトする場面があるんですが、カメラワークがすごくてまるで喧嘩してるみたいでした。キングスマンとかジャッキー・チェンの映画でよくあるアレです。

グレイテスト・ショーマン
グラスや椅子などの小道具の使い方も面白かったです。
てかミュージカルって酒場では絶対踊るよね。

ほかにもボロアパートの屋上や空中ブランコなど、かなり趣向を凝らした演出が多くて、観てて楽しかったです。

ストーリーがペラペラと言われても、ここまでミュージカルがすごければ観て損はないです。音響のいい映画館なら、さらにモアベター。

DVDが出たら、ストーリーすっとばしてミュージカルだけ見る人が続出しそうです。

フリークたちがすごい

ミュージカルと同様に、この映画のキモといえばオンリーワンの個性を持ったフリークたち。
世の中のほとんどの人は「這いあがりストーリー」が好きです。世間から虐げられてきたフリークたちが、個性を活かして脚光を浴びるストーリーは万人ウケすること間違いナシ。
フリークたちが世間の偏見に屈せず「これが私」と高らかに歌い上げるシーンは、この映画の一番の見せ場でしょう。

The Greatest Showman – This Is Me [Official Lyric Video]

ただ、コイツらよく見るとけっこうスゴいのがいるね。足が一本多いのとか、ふたりにクギづけっぽいシャムの双生児とか。
ヒゲ女とちびっ子軍人と空中ブランコ兄妹以外はスポット当たってないけど、キャラ立ってるヤツ多いです。ワンピースの漫画で、名前ないけどコマの後ろにキャラ立ってるヤツがいる感じ。

極めつけは、単なるフリークの寄せ集めなのに、すごいパフォーマンスやっちゃうところ。いや、それを言うのは野暮ですね。

バーナムの笑顔がすごい

そんなフリークたちの団長は「不死身の鉤爪男」ことローガン。

じゃなくてP.T.バーナム。
彼は実在の人物ですが、この映画のバーナムはとにかく笑顔がステキ。

グレイテスト・ショーマン

バーナム、というかヒュー・ジャックマンの笑顔がステキ。
ヒュー・ジャックマンって全身の毛穴から「いい人オーラ」が出てる感じがしませんか?
今回の彼はウルヴァリン役のときと違って終始ニコニコしてるから、釣られてこちらも終始ニコニコしちゃって、映画を観終わる頃にはなんだか幸せな気分になってしまいます。

役者から出るオーラって大事ですよ。
たとえば、もし今回のバーナム役がケヴィン・ベーコンだったらどう?

加えて、ヒュー・ジャックマンは演劇の経験もあるので、今回の役にはもってこいです。ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)が、プロレスラーの役をやるようなもんです。

というか、ヒュー・ジャックマンはすでにミュージカル映画『レ・ミゼラブル』の主演をしてますし。

序盤のバーナムとチャリティが結婚して笑顔で屋敷を出ていくシーンでは、観客の誰もが思ったはずです。

グレイテスト・ショーマン

「おまえら新婚なのにフケてるな!」

ともかく、笑顔がいいねってことで。

と、『グレイテスト・ショーマン』の良い点を3つ挙げました。
これに共感できる人は、映画館に足を運んでも損はしないと思います。

嘘ではありません。
やまぴーは詐欺師ではなくショーマンですから。

※ここから先はネタバレありです。知りたくない人は映画鑑賞後にまたお会いしましょう。

グレイテスト・ショーマン

え、今度はディスられるの?

ネタバレあり感想

高評価の人もいれば低評価の人もいる両極端な『グレイテスト・ショーマン』。
良い点を3つ挙げた次は、ダメな点を3つ挙げます。

ストーリーが安直すぎ

正直、ストーリーはひどいモンです。ペラッペラなお約束展開で、しかも唐突に話が進むのでついて行くのにひと苦労。

「家族にいい思いをさせたい!」と、脱サラして始めたのロウ人形の館は連日ガラガラ。娘のアドバイスをもとに、フリークたちを集めたショーを思いつきますが、そこからは苦難の連続。

…に、普通はなるはずが、「フリーク募集」のチラシ貼るだけでわんさかフリークがやってきてショーを開けばバカウケ。一躍街の有名人になります。

っていうか、やまぴーはそれが話のゴールだと思ってたのに、すごい序盤で目標達成です。苦労と挫折がないとダメ、ってわけじゃないんですが、あんまりにもアッサリとサーカスが完成してかなり肩すかしです。

で、そこからバーナムがさらに名声を求めて歌姫ジェニーと地方公演を開始するんですが、誰がどう見ても「失敗するだろ」と思うベタベタな展開で、案の定失敗します。

バーナムが仲間のフリークたちを邪険に扱う展開も、コテコテすぎてちょっとゲンナリ。そのせいで「THIS IS ME」の歌も実はあんまり刺さりませんでした。

劇場が燃えてしまいこれからどうすれば…なラストも、「実は貯金してました!」「空き地にテント立てたらいいじゃん!」でアッサリ解決。なんじゃそら。

この映画は危機の乗り越え方がアッサリしすぎてます。人生ナメんじゃないよ。

心の交流がおかしすぎ

バーナムに邪険に扱われたフリークたち。しかも劇場も燃えてしまい給料も支払われないままです。

なのに、バーナムに一言も文句を言わないフリークたち。
「あなたは私たちを救ってくれた」
そして定番の酒場ミュージカルタイムに突入。

いやいやいやいや、もうちょっと衝突があってもいいだろ。
ミュージカルもいいけど人間ドラマも見せてくれよ。
お前らどんだけ心が広いんだよ。

また、バーナムを酷評していた批評家とも劇場が燃えたことをきっかけにアッサリ和解。あれ意味がよくわかりませんでした。

しかも批評家がバーナムを評価したのは、ジェニーの公演を行ったからなんですが、それが理由でいいんですかね。
物語的には、フリークのショーを認めさせてナンボだと思うんですが。

なんかキャラ同士の心の交流によくわからないのが多かったです。

ところで「家族のためといいつつ自分の夢にのめり込んで、家族をないがしろにする男」っていうのは、ミュージカルの定番なんでしょうか。『ラ・ラ・ランド』のセブもそうだった気がします。

あ、でもジェニーを激おこさせるシーンはよかったです。本気の女にテキトーなごまかしをしちゃいけないと勉強になりました。

あと、ラストの杖を譲るところもよかったです。自分の仕事をやり遂げたら、若いヤツに現場を譲って自分は育休。働き方改革の一例にもなりますね。

バーナムが事実と違いすぎ

良かった点と真逆のことを言うみたいですが、ジャックマン・バーナムは実在のバーナムと違いすぎたようです。

実在のバーナムは、本当にフリークを「見せ物」として扱ったり、観客を悪い意味でだます詐欺師まがいのこともしていたり。

グレイテスト・ショーマン

ですので、映画だとバーナムを非難する人間がろくでなしみたいですが、実際は非難されても仕方ない人物だったみたい。
違いすぎる人物像が、低評価につながった理由のひとつではないでしょうか。

バーナムは禁酒家だったから酒場に行くのもおかしいです。
いや、それぐらいは別にいいか。

乗っていたゾウがデカすぎでしたが、それもどうでもいいですね。

まとめ

批評家と一般、高評価と低評価のどちらの言いたいこともわかる『グレイテスト・ショーマン』。
ミュージカル好きならアリ、ストーリー重視ならナシですね。

音楽なんて聞くだけで気分がアガってきます。

The Greatest Show (from The Greatest Showman Soundtrack) [Official Audio]

正直、やまぴー的には同じミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のほうが好きかな。でも観た後で元気になれるのは『グレイテスト・ショーマン』かな。

元気と笑顔は人生に必要だからね。

またDVDが出たら、ストーリー飛ばしてミュージカル部分だけ2~3回見ようと思います。

◆こちらもオススメ





グレイテスト・ショーマン

『グレイテスト・ショーマン』
[The Greatest Showman]

P.T.バーナム…ヒュー・ジャックマン
フィリップ・カーライル…ザック・エフロン
チャリティ・バーナム…ミシェル・ウィリアムズ
ジェニー・リンド…レベッカ・ファーガソン、(歌:ローレン・アレッド)
アニー・ウィーラー…ゼンデイヤ
レテー・ルッツ…カーラ・セトル
W. D. ウィーラー…ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
キャロライン・バーナム…オースティン・ジョンソン
ヘレン・バーナム…キャメロン・シェリー
ゼネラル・トム・サム…サム・ハンフリー
コンスタンティン王子…シャノン・ホルツァプフェル

監督 マイケル・グレイシー
脚本 ビル・コンドン、ジェニー・ビックス
原案 ジェニー・ビックス
製作 ピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピング、ローレンス・マーク
製作総指揮 ジェームズ・マンゴールド、トニア・デイビス、ドナルド・J・リー・ジュニア
音楽 ジャスティン・ポール、ベンジ・パセック、ジョン・デブニー、ジョセフ・トラパニーズ
撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
編集 ジェームズ・ハーバート
製作会社 チャーニン・エンターテイメント、TSGエンターテイメント
配給 20世紀フォックス映画

スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)
スポンサーリンク
Googleアドセンス336
スポンサーリンク